INCOTEX(インコテックス)

INCOTEX(インコテックス)の歴史


ヴェネチアで創立

1951年に、ヴェネチアで創立されたブランドがINCOTEX(インコテックス)です。創立したのは、カルロ・コンパーニョ氏です。1970年代になると、このブランドは特にパンツを作ることに力を入れるようになります。1980年代には、クオリティの高いパンツを製造するメーカーとして脚光を浴びるようになりました。最初は、従業員が20人ぐらいしかいない小さな工場で作られていました。しかし、その技術の素晴らしさや製品のクオリティの高さにより、次第に人気を得るようになります。

写真引用元

 

パンツブランドとして別格の境地へ

それからは、しっかりした素材や高い縫製技術、それに細かい部分まで気を配っていることで他のメーカーとは別格とされるようになりました。そして、次第にブランドとして意識されるようになっていきます。モダンで新しさのあるパンツを製作するために、さらに素晴らしさを追求したその作品たちは、世界中で人々に愛されています。このインコテックスは、今ではパンツといえば最初に連想されるようなブランドとして大勢の人々に認識されています。

写真引用元

 

INCOTEX(インコテックス)の特徴


美しいシルエット

裾に向けて自然にテーパードした美しいスタイル。はいたときに折り目が真っ直ぐに落ちるようセンタークリース(折り目)を外側に向けて仕上げたることで美しい足のラインを演出しています。

写真引用元

 

足を長く見せてくれる視覚的な体型補正効果

年齢的に緩んでしまった下腹を絶妙に包み込むような緩からずキツからずのフィット感。ディテールとしては、ウエストにかかる負荷を分散させるためにウエストバンド後部を二つのパーツに分けV字のカットを入れたりと、細部への配慮はパンツ専業ブランドならではです。

写真引用元

 

INCOTEX RED(インコテックス・レッド)


インコテックス・レッド(Incotex Red)は2009年春夏よりスタートした、チノ、ミリタリー、ワークパンツをベースに新しくデザインされたインコテックスの新しいメンズのカジュアルラインです。しかしながら、パンツ専業メーカーとしての卓越した技術を持つインコテックスのパンツとしての機能性、素材やパターンに対する研究、高品質へのこだわりは変わりません。この新しいコレクションは、それぞれのアイテムをマスターピースに近づける為に、生地に対する概念を持つことなく、自由な発想で創られています。それぞれのスタイルごとに加工を行い、染め、サンディング、洗い、ハンドペインティング、ダメージ加工などを組み合わせて、ヴィンテージのような風合いに仕上げています。

写真引用元

 

INCOTEX SLACKS(インコテックス・スラックス)


2013年春夏のコレクションよりインコテックスのカジュアルライン「インコテックス・レッド」と5ポケットのライン「インコテックス・チンクエタスケ」はインコテックス・スラックスと名前を変えました。商品内容は従来の流れを踏襲しています。伝統的なミリタリーパンツやワークパンツの仕立てからインスパイアされたデザイン。ベルト代わりに使うことが出来るテープ(ドローコード)や、ベルトループの補強、ハンドによるはと目、内側の仕上げなどのミリタリーパンツからのディテールを、インコテックスの技術を駆使し、モダンなアレンジを加え、ヴィンテージ加工のボタンやポケット布の製品表示プリント等がそれぞれのアイテムにさらなる個性を与えています。しかし、ワークパンツといえども、インコテックスの”テーラリング”の精神は全てのモデルに残されており、ウエストバンドのバックスリットなどに表れています。

写真引用元

 

INCOTEX(インコテックス)の定番モデル


「35モデル(SLIM FIT )」

美脚の代名詞と言われドレスからカジュアルまで幅広く活躍するINCOTEXの誇る名作「J35型」を引き継ぐ「N35型」。日本人の体型にフィットするよう作られたモデル「J35型」のディテールはそのままに、 裾幅が細くテーパードのかかった現在インコテックスの基本シルエット「30型」を採用したモデル。 裾幅を1cm細くすることで、よりテーパードの利いた、今まで以上の美しいシルエットに仕立てられています。 ディティールは持ち出しの部分は貫通ボタン仕様、サイドポケットにAMFステッチ、バックポケットはボタン付きとなっています。 ベルトループにはチャームが付属し、チャームのデザインはスローウェアグループのSと縁起の良いとされる亀を模ったものです。

写真引用元

 

「24モデル(SLIM FIT 1プリーツ)」

INCOTEX(インコテックス)の新定番24モデルSLIM FIT 1プリーツを採用したクラシカルなグレンチェックモデルは最も汎用性の高いミディアムグレーにブルーのペーンを乗せた爽やかな一本です。普遍性を感じさせる雰囲気にトレンド感を漂わせるディティールという最も好感度の高い仕上がりになっており、日々のビジネススタイルを洗練させ、好結果へと導くパワーを持っているパンツではないでしょうか。

写真引用元

 

「45モデル(SLIM FIT 1プリーツ)」

ヒップポケットのボタンを排した45モデル SLIN FIT 1プリーツシルエットを採用し、スマートで美しく、それでいてリラクシンなスタイルを可能にする素晴らしいパンツに仕上がっています。『シンプルなスタイリングを最も美しいバランスに見せてくれるパンツです。』

写真引用元

 

「82モデル(SKIN FIT)」

シルエットは82番と名前が付けられている”SKIN FIT”。現在INCOTEXのトラウザースラインで最もスリムなモデルです。定評ある腰のフィット感はそのままに、股浅な腰廻りから流れるようなテーパードシルエットは、穿くヒトをスリムかつ足長に見せる効果があります。パンツ専業として長きにわたり培われてきた技術と経験は、スキニーに近いほど細身であるこのSKIN FITモデルにおいても健在です。

写真引用元

 

INCOTEX(インコテックス)の取扱店


日本の総代理店はSLOWWEAR JAPANです。その他ではバーニーズニューヨークやBEAMS(ビームス)、ISETANメンズ、UNITED ARROWS(ザ ソブリンハウス)、STRASBURGO、エストネーションなど高級セレクトショップで取り扱いがあります。オンラインショップではBR ONLINE SHOPやGUGI、チンクエコラシコなどでも購入することが可能となっています。お店毎に買い付けのバリエーションが違う為、数店を比較して購入することをオススメします。

※買い付けはシーズンによって異なる場合がございます。

写真引用元

 

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. orSlow(オアスロウ)

  2. Finamore(フィナモレ)

  3. RE/DONE(リダン)

  4. LUIGIBORRELLI(ルイジボレッリ)

  5. AG JAENS(エージージーンズ)

  6. ENZOBONAFE(エンツォボナフェ)

  7. kijimatakayuki

    KIJIMA TAKAYUKI(キジマタカユキ)

  8. CRUCIANI(クルチアーニ)