iwc

出来る男の必需品。IWCの魅力と特徴、歴史を徹底解説。

時計の素晴らしい点は”人の真価を映し出すこと”だと思っています。時計で人を判断することはいけないですが、素晴らしい人程素晴らしい時計を身に着けているものです。今回、ご紹介させていただく”IWC”は一流の人だけつけることの許された特別な時計です。

引用


IWCの歴史


現在のブランド名は「IWC」(アイダブリュシー)とアルファベット3文字のシンプル。以前までは、インターナショナル・ウォッチ・カンパニーというブランド名でしたこのそれぞれの、頭文字を取ったのが現在のブランド名になっています。

 

引用

 

 

1868年、スイス チューリッヒ近郊のシャフハウゼンにてフロレンタイン・アリオスト・ジョーンズが「インターナショナル・ウォッチ・カンパニー」を創業しました。フロレンタイン・アリオスト・ジョーンズは、アメリカ ボストン生まれの時計職人。スイスに渡る前年までウォルサム創業者アーロン・ルフキン・デニソンのパーオナーであったE・ハワードが経営する「E・ハワード・ウォッチ・カンパニー」で時計技術を習得し、1868年スイスへ渡ります。(当時、アメリカの時計産業は機械による懐中時計の大量生産が確立していました。)当時、大多数の人々は成功を求め西部へと進出していましたが、ジョーンズはまだ比較的、低賃金のスイスに目を付け、労働力を利用しようと考えスイスへ渡りました。一体何故、一流メーカーの集まるジュネーブではなく、なぜシャフハウゼンで創業したのか・・・ それは、フランス語系住民から激しい抵抗を受けた(シャフハウゼンはドイツ語圏)、当時シャフハウゼンはライン川を利用した水力発電所の建設が進められており、工作機械による時計製造に必要な電力が確保でき、また1857年にはシャフハウゼンに通じる鉄道が完成していました。

引用

 

また、ジョーンズはハインリッヒ・モーザーと出会います。(ハインリッヒ・モーザーは、時計ブランドH.モーザーの創業者です。)モーザーは、シャフハウゼン出身の時計職人でありロシアで実業家としても成功していました。水力電を備えたモーザーの工場を借り受けることに成功したジョーンズは、シャフハウゼンで創業することができたのです。また、シャフハウゼンは長きにわたる時計製造の歴史もありました。1583年シャフハウゼンに時計職人ギルド(時計師組合)が設立されたという公式記録も残っています。時計製造の歴史に残る最高傑作の一つ、ストラスブール大聖堂の天文時計を作ったことで世界的な名声を得た時計職人ハブレヒト一家の故郷もこのシャフハウゼンでした。このような歴史を持つ街ちに、ジョーンズは精度に誤差がない高品質な時計を自社で大量生産しそれをシャフハウゼンで作られた時計として、世界的に有名にしようと思い描いていました。アメリカ南北戦争後、一旗揚げようとした、IWC創設の背景にはアメリカ人魂と開拓者精神があります。

引用

 


IWCの魅力


その魅力は、実物を見れば、一目瞭然です。とくに現在のラインナップの有名なシリーズとして、文字盤の大きな「ポルトギーゼ・オートマティック」は、IWCを代表するモデルといえるでしょう。その端正な面持ちは、何か神聖なものすら感じさせます。卓越した秘められた確かな技術と、大げさに主張することのないその佇まいは、真の高級時計といってまちがいないはずです。また、インターのアンティークのものも人気があります。文字盤の美しさもさることながら、中の機械(キャリバー)がインターの自社製品のものが多いからです。ときには、現行のものより高いアンティーク時計も存在します。たとえば、パイロットウォッチの「マークシリーズ」のマーク11までのものとかが、それに匹敵します。 昔も今も輝く、そんなインターの時計に、一度は腕を通してみてはいかがでしょうか。きっと歴史の重みと、その静かなる魅力に包まれること間違いなしです。

 


オススメモデル


”ポルトキーゼ”
・多くの方が憧れる、IWCきっての人気モデル
・“ポルトギーゼ・クロノグラフ”が定番モデル
・洗練されたデザインが高く評価されている

『洗練されたデザインが売りの、IWCきっての人気モデルです。IWCと言えばまずこのモデルを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。特に、ポルトギーゼ・クロノグラフは、1998年の登場以来IWCの最も人気のあるモデルとして君臨しています。』

引用

 

”パイロットウォッチ”

・ポルトギーゼと並ぶ、IWCの看板人気シリーズ
・“マークシリーズ”が定番モデル
・磁気に強い“耐磁性能”と“高い視認性”をもつ

『IWCと言えば、軍用時計として開発された“パイロットウォッチ”のイメージが強いメーカーでもあります。その中でもマークシリーズは、1994年のマーク12から続くパイロットウォッチ。2016年には新作のマーク18が発表されました。マークシリーズの特徴は視認性の高さとどんなシーンにも合わせられる使い勝手の「良さです。また、パイロットがコックピットで受ける磁気の影響も想定し、通常以上の耐磁性能を備えています。』

引用

 

”ポートフィノ”

・好感度の高いすっきりとしたシンプルモデル
・IWCのエントリー価格の入門モデル
・製造された時代により様々なサイズが存在する

『シンプルなデザインが特徴のポートフィノ。時代によりトレンドのデザインやサイズ感が反映されており、新旧で様々なバリエーションがあります。1990年代のポートフィノは筆記体のロゴやフィッシュクラウン(魚マークのリューズ)など、現行モデルにはない魅力があります。近年のポートフィノであれば、40mm付近のサイズとなり、今風なサイズ感で着けることができます。中古品から選ぶ際には、ケースサイズ(直径)に注目してみてください。』

引用

 

”アクアタイマー”
・高い防水性を有する本格的ダイバーズウォッチ
・世代によりデザインが大きく変わる
・軽量でかつ金属アレルギーの方にも嬉しい、チタン素材のモデルもあり

『アクアタイマーの通常モデル(3針モデル)は、2000m防水を誇る本格的なダイバーズウォッチです。「ダイバーズウォッチが欲しい」という方は、各メーカーのダイバーズウォッチを比較検討すると思います。そこで、“高い防水性能”と“独特なデザイン”に惹かれる方が、このモデルを選択するのだと思います(ロレックスのサブマリーナやオメガのシーマスターは300m防水)。なお、アクアタイマー・クロノグラフや、現行アクアタイマーは300m防水です。回転ベゼルにもこだわりがあり、世代により回転ベゼルに変化がある点も特徴です。また、替えバンドを入手すれば、簡単操作でバンド変更ができる点も特徴です。』

引用

 

”インヂュニア”

・個性的なデザイン、“耐磁時計”というコンセプトに魅力を感じる方に支持される
・従来のモデルは、“時計界のピカソ”ジェラルド・ジェンタ氏のデザイン
・近年は“耐磁時計”というコンセプトを止め、レーシングモデルに変貌

『従来インヂュニアは、“耐磁時計”であり、ジェラルド・ジェンタ氏がデザインした個性のあるデザインが魅力なシリーズでした。つまり、個性的なスペック、個性的なデザインをもつ“個性のIWC”でした。しかし、最近は“耐磁時計”というコンセプトを止め、デザインもラウンド型に改めました。現在のデザインは、かつてのGSTシリーズを彷彿させる“質実剛健”的なスポーツデザインになり、以前よりも幅広い層に受け入れやすいデザインです。』

引用

 

※ジェラルド・ジェンタ氏は、時計業界で最も有名な“時計デザイナー”です。オーデマ・ピゲのロイヤルオーク、パテック・フィリップのノーチラス、ブルガリのブルガリブルガリなどをデザインしたことで知られています。

引用

 

”ダヴィンチ”

・“永久カレンダークロノグラフの傑作”として認識されている
・実は、永久カレンダークロノグラフ以外も存在する(3針、クロノグラフなど)
・時代によりケースデザインが大きく変わる

『ダヴィンチのイメージは、なんと言っても「IWC独自の永久カレンダークロノグラフ」です。通常は、永久カレンダーとクロノグラフを組み合わせたこの機構は、超高額なプライスになります。その常識を覆し、この機構を“超高額”でないプライスで登場させた1985年の「ダヴィンチ・パーペチュアルカレンダー」は時計史に残る名作です。そのため、時計に明るい方にとって、「ダヴィンチ=永久カレンダークロノグラフ」というイメージがあり、“永久カレンダーが定番”という特殊なシリーズです。

また、ダヴィンチのデザインを説明する上で重要な点は、ケースの形です。初期モデルは6角形の形をしたケースでした。そして、1985~2007年は、ラウンド型ケースでした。1980年代に登場したこのケースは、今見るとなんともレトロ感があります。そして、2007年以降はケースがトノー型へ変更されます。こちらも個性的なデザインです。さらに2017年、ダヴィンチは再びラウンド型に変更されました。このように、ケースデザインが時代により大きく変わる点も、ダヴィンチの特徴です。』

引用

 

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. エッティンガー

    出来る男の必需品。スーツに最も合う”エッティンガー”の財布

  2. モンブラン

    出来る男の必需品。今更聞けないMontblanc(モンブラン)の歴史と…

  3. omega

    出来る男の必需品。OMEGA(オメガ)の魅力と特徴、歴史を徹底解説。

  4. EYEVAN

    日本が誇る眼鏡”EYEVAN”の魅力に迫る

  5. 巻物

    これだけは押さえたいメンズ巻物特集

  6. ベルト

    【ビジネス】出来るビジネスマンが身に着けるべきベルト10選

  7. 人間の手仕事による最高の眼鏡”オリバーピープルズ”の魅力

  8. 【今更聞けない】ネクタイの歴史、巻き方、生地、ディンプル