M-43(フィールドジャケット)の歴史と特徴

ファッションアイテムとしても高い人気を誇りアメリカ軍の歴史を作ってきたいと言っても過言ではないUS ARMYのフィールドジャケットですがその原型を作ったとも言われる名作が40年代に初めて作られたM−43 Field Jacket。ファッション的にも深いオリーブの色味や防風性を高めたチンストラップ、着丈が短くバランスの良いシルエットなど特徴的なディテールがクールでフィールドジャケットの中では一番好きなだという方も多くおられる名作です。今回はそんなM-43(フィールドジャケット)の歴史と特徴、着こなしご紹介いたします。

写真引用元

 

M-43(フィールドジャケット)の歴史


第2次大戦時の1942年 アメリカ軍はこれまで多種多様だった冬季野戦服を統合する全兵科用共通野戦服の開発に着手します。この後試行錯誤がなされ1943年4月に最終型が開発されます、ジャケットの条件として自由な身体の動きを可能としジャケットの中に他の防寒素材を着込めるような構造が求められます。これも一種の合理化でジャケットのみでは寒さを感じる寒冷地において下に防寒素材のライナーを着込むことでその土地の気候に臨機応変に対応できるようにし、任務別に開発されていた野戦服を統一することで軍事費を抑える狙いもありました。

写真引用元

 

M-43(フィールドジャケット)の特徴


このM-43(フィールドジャケット)のデザインはこの後のM-51、M-65ジャケットに続いていくデザインとなりフィールドジャケットの元祖と言えます、特徴として密閉性の向上、4個の大型ポケット、柔軟性のある着用方法(ライナーなどと併用する)隠しボタンによるボタンの破損の軽減、洗濯のしやすさ、新しく採用されたサテン生地によって生地の強度が増し、擦り切れにくく、防水防風機能が増しています。

写真引用元

 

「着丈が短くバランスの良いシルエット」

着丈が短くバランスのとれた素晴らしいシルエットがM-43(フィールドジャケット)を愛する人々が多い一番の所以だろう。どんなパンツも合わせやすく、コーディネートが簡単になるのでミリタリー初心者にオススメしたい逸品だ。

 

「防風性を高めたチンストラップ」

襟を立てたときに使う前たては、未使用時にはふたつのボタンで留められる事ができる。襟を立てる事で防風、防寒はもちろんだがファッション的にも見栄えを変化させることができるので着こなしごとにうまく使い分けたいポイントだ。

 

「ファッション性の高い独特の色味」

M-43(フィールドジャケット)特有の深いオリーブの色味はとても美しい。一見するとフランス製ミリタリーを彷彿させるような独特な色味も世界中のファッショニスタに愛され続けるM-43(フィールドジャケット)の特徴の一つだろう。

 

M-43(フィールドジャケット)のオススメコーディネート


写真引用元

現在世界で最もお洒落との呼び声も高いカリスマ「ニックウースター」の着こなしクレイジーパターンのM43をホワイトパンツで爽やかにコーディネート。シンプルにまとめつつも足元はボリュームのあるニューバランスのスニーカーでジャケットだけ悪目立ちしないようにバランスをとっています。男らしく爽やかな着こなしで公園への散歩などで是非参考にしていただきたいコーディネートです。

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. ボーダーのお洒落な着こなし方【メンズコーディネート】

  2. CPOシャツの歴史と特徴

  3. renata マリアーノディヴァイオ

    ファッショニスタ“Mariano di Vaio(マリアーノ・ディ・ヴ…

  4. pittiuomo

    チェスターコートのお洒落な着こなし方【メンズコーディネート】

  5. renata 着こなし

    【時短で学ぶ!着こなしノートvol.18】今年の春に最も気になるのはニ…

  6. renata スプリングコート

    春の大本命!!モテる大人が選ぶスプリングコートのオススメ特集&着こなし…

  7. M-41(フィールドジャケット)の歴史と特徴

  8. L-2B(フライトジャケット)の歴史と特徴

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com