RESOLUTE(リゾルト)

R

RESOLUTE(リゾルト)の歴史


RESOLUTE(リゾルト)は2010年、国産デニム業界で20年以上デザイナーを務めた林 芳亨(はやし よしゆき)氏が立ち上げたデニムブランドです。トップスとシューズを選ばない、どんなコーディネートにも合わせることができる、いわば「道具」としてのデニムを目指しています。

写真引用元

 

林 芳亨


1956年生まれ。少年期に抱いたリーバイスへの憧れから自らデニム作りに携わり、1988年、デザイナーとして「Denime/ドゥニーム」設立に参加。その後、もう一度原点に立ち返る意味でRESOLUTEをスタート。「デニムは洋服ではなく、いわば道具。何年たっても手に入る、理想のスタンダードを創りたい」がモットー。

 

 

RESOLUTE(リゾルト)の特徴


made in Japanに拘り、織布から染め、縫製、仕上げまでの全生産工程が西日本の中国地方、備後地区の熟練のデニム職人たちの手によって行われます。デザインソースはアメリカのジーンズではあるが、日本人の体型に合わせ、よりスタイリッシュに魅せてくれるシルエットです。2013年には、「尾道デニムプロジェクト」という、日本の技術と職人の技を世界に発信するプロジェクトの発案、監修もしていました。

写真引用元

 

「あえて加工を施さないベーシックなデニム」

 昔ながらの染色方法、旧式織機で織られたオリジナルの生地の最大の特徴は、手に取るようにわかる毛羽立ちです。穿きこみ、身体に馴染んでいくにつれて、膝や腰、股など摺れる部分から毛羽がなくなっていき、色が落ちていきます。毛羽がなくなった部分は淡く、残っている部分は濃い色のまま。そこから生まれる色落ちが唯一無二の「加工」となっていくのです。

写真引用元

 

「4型のみのラインナップ」

「何年経っても手に入る理想の定番を作り続けたい」という林氏の職人たる思いが込められています。1年、2年と穿きこんで色落ちを楽しんだ後に、また新たな同じものがほしいと思ったときに買えるデニムを、さらに言えば10年後、20年後にも買えるようなデニムブランドでありたいというデザイナーの思いから、拘った4型のみのラインナップになっています。

写真引用元

 

RESOLUTE(リゾルト)の定番モデル


「710」

RESOLUTEの基本となる細身のストレートです。どんな体形でもなるべく丈を切らずに穿けるよう、7種類のレングスの作りがあります。洗うたびに毛羽立つ1960年代のデニム生地を忠実に再現することで、穿き込むにつれてきれいな色落ちが楽しめます。ボタンフライ、紙パッチ。

写真引用元

 

「711」

1950年代のインディゴ色が濃い生地を再現した、やや太めのストレートです。洗うたびに毛羽立つのはLot.710と同様である。パターンは50年代の子供用のデッドストックパンツをベースに起こしている。革パッチや隠しリベット、オフセットセンターループなど、XXタイプのディティールを用いている。ボタンフライ。

写真引用元

 

「712」

股上がやや浅く、膝から下がテーパードされているストレートです。生地に防縮加工(サンフォライズド)を施し、洗うたびに出る毛はあらかじめ焼いてある。ジッパーフライ、紙パッチ。

写真引用元

 

「713」

Lot.710の股上を浅くしたモデル。股上が浅い分、フロントボタンは4つ。紙パッチ。

写真引用元

 

RESOLUTE(リゾルト)の取扱店


アメリカ屋 上野店

STYLE WORKS GINZA

CRAFT AMERICAN CLOTHING

LUCUA 1100 イセタン メンズスタイル

etc…

※取扱はシーズンや店舗によって異なる場合もございます。

写真引用元

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!