ACATE(アカーテ)

ACATE(アカーテ)の歴史


物事の本質を見抜く『真実の石』、挑戦する勇気という意味を持つ『赤瑪瑙』をブランド名にした“ACATE”は2017年にファーストコレクションを発表しバックブランドをスタートさせました。形態は機能に従うをデザインコンセプトとし、シンプルてある事、時か経ってもなお美しいと思えるものを主眼にデザイン活動を行います。

写真引用元

 

ACATE(アカーテ)の特徴


ACATE(アカーテ)のバッグは、クラシックなスーツやジャケットを着た人に持ってもらいたい!そんな作り手の思いが込められているので、それらの服に馴染み、邪魔しないことが絶対条件なんです。多くのバッグブランドがデザイナーを採用している中、ACATE(アカーテ)にはデザイナーがいないです。その理由は、デザイナーを付けるとバッグが主張しすぎるからです。

写真引用元

 

「日本人の審美眼」

世界に通じるバッグをつくりたいという思いから、日本でアイデアを練り、イタリアのファクトリーにて生産するというかたちを採っています。そのデザインは、審美眼に長けた日本人ならではのセンスに、イタリアの職人技が高い次元で融合した独特のシルエットやサイズ感が魅力です。

写真引用元

 

「ブランドアイコンであるフリンジ」

写真引用元

ブランドのアイコンである“フリンジ”がアクセントとなります。上質な柔らかなシュリンクレザーを使用し、シンプルでありながらも上品な佇まいに。その内装には大型のジップポケットと2つのパッチポケットを備えるなど使いやすさも考慮されている。

 

「細部まで作り込まれた上質なデザイン」

美しい仕上げとステッチワークが特徴。エレガントな装いを演出するミニマルなデザインで、ビジネスからカジュアルまで幅広いスタイリングに馴染みます。スタイルを問わないシンプルなデザインは、さまざまなシーンに活躍してくれるでしょう。

写真引用元

 

「虜になる“フェミニンな要素”」

レディスの鞄を得意とするミラノ郊外の工房の職人たちが日本人の感性を活かしながらメンズの鞄を手がけており、仕上がりにフェミニンな要素が感じられるところが同ブランドの魅力です。そんなアカーテの鞄に魅せられたウェルドレッサーたちは世界中に数多いです。

写真引用元

 

ACATE(アカーテ)の定番モデル


「OSTRO(オストロ)」

写真引用元

こちらは、ACATEの代名詞である“OSTRO”。オンでもオフでも使いやすくスタイリングに馴染んでくれます。ナチュラルシュリンクレザーを使用した贅を尽くしたような佇まいは、一瞥で感じて取れる確かな大人の色気。迫力のあるサイズ感は、いつものスタイリングをよりファッション性の高いものへと昇華させてくれる、推進剤の役割を担ってくれます。上質な素材だからこそ可能とする、クタッとしたレザーの表情がこなれ感を演出。使い勝手の良いシンプルな構造だからこそ、日々の使用を可能にするリアリティが生まれています。

 

「BREVA(ブレヴァ)」

写真引用元

あえて、A4サイズが収まらないコンパクトなサイズ感にする事で、他にはないスタイリッシュでコーディネイトに馴染む計算されたバランスの人気モデル“BREVA”。しかしながら、タブレットは収まるため、現代を生きるビジネスマンには何ら問題がありません。

 

「GREGALE(グレゲール)」

肩掛けのトート仕様に、バッグの上部を折り曲げる事でショルダーバッグとしてもお使い頂けます。ナチュラルシュリンクレザーを使用した贅を尽くしたような佇まいは、一瞥で感じて取れる確かな大人の色気。迫力のあるサイズ感は、いつものスタイリングをよりファッション性の高いものへと昇華させてくれる、推進剤の役割を担ってくれます。

 

ACATE(アカーテ)の取扱店


BEAMS(ビームス)

ESTNATION(エストネーション)

OYSTER(オイスター)

ring(リング)

etc…

※取り扱いはシーズンや店舗によって異なる場合がございます。

写真引用元

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. Drumohr(ドルモア)

  2. YCHAI(イカイ)

  3. Faliero Sarti(ファリエロサルティ)

  4. bagutta

    BAGUTTA(バグッタ)

  5. three dots(スリードッツ)

  6. Letroyes(ルトロワ)

  7. BELVEST(ベルベスト)

  8. Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ)

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com