コーネリアンタウラス

cornelian taurus(コーネリアンタウラス)

バッグって面白いですよね。単にモノを入れるという道具のみでなく、ファッションアイテムとして高く昇華しています。巷には様々なブランドのバッグが溢れていますが、RENATAでは”本物”のバッグのみご紹介させていただきます。まず今回ご紹介させていただくのは、知る人ぞ知るブランドCORNELIAN TAURAS BY DAISUKE IWANAGA(コーネリアン タウラス バイ ダイスケ イワナガ)です。

引用

cornelian taurus(コーネリアンタウラス)の歴史


cornelian taurus by daisuke iwanaga(コーネリアンタウラス)

1999年よりオーダーメイドのブランドをスタート.
2007年A/WコレクションよりCORNELIAN TAURAS BY DAISUKE IWANAGA(コーネリアン タウラス バイ ダイスケ イワナガ)を本格スタート。商品を通じて、日本の文化、アイデンティティを表現することで新たな発見、喜びを持つ人に感じてもらえるもの創りを行っていくと共に素材が本来持っている動き、特性を商品,作品を通じて表現し素材本来の生き物としての意味、価値を伝え,商品であり作品という位置づけのもの創りを行うということをフィロソフィとしている。

引用

 

cornelian taurus(コーネリアンタウラス)の特徴


コーネリアンタウラスが使用している皮は日本で鞣された皮(姫路(兵庫)たつの(兵庫)栃木)を使用しています、皮はヴェジタブルタンニン鞣し、(薬品や溶出金属性を使用しない自然から抽出されたタンニンで鞣す方法)という手法を用いて鞣された皮を使用し、皮本来の特徴を生かした鞄を製作しています。

ヴェジタブルタンニン鞣しは自然なもので鞣す為、皮を作るのに長い時間を要します。長く、ゆっくり時間をかけて鞣す為、独特な柔らかさと表情が得られます。一点、一点微妙な個体差が見られ、皮には奥行きを感じるかともできます。ここがクローム鞣しとは違い経年変化をより皮の特徴、味として楽しむことができます。

引用

引用

 

cornelian taurus(コーネリアンタウラス)の定番モデル


“STONE BOSTON”

引用

STONEBOSTONとは2011年から継続して、発表されているコレクションです。デザインは底面から表面まで一枚の皮で形成し、皮の折り込みやカーブ、ステッチワークで少しゴツゴツした”石”のようなイメージを出しています。

皮のフォルムを特徴として引き出すために、鞄正面のステッチ部分をわざと途中で終わらせて口を作り、使用するたび皮に動きぐ出るようにし、牛革の素材感も楽しんでいただけます。

ハンドルにはブランドのアイコンでもある刀の柄編み(つかあみ)をアレンジしたハンドルを使用し、日本の文化とアイデンティティを表現し工夫しています。

引用

上部ファスナーも特徴的で、スライダーが4つ付いています。どのような状況でも肩に鞄をかけた時、前にファスナーがくるようになっているので鞄を肩にかけたままは開閉することが可能です。

“BASILICA TOTE NEJIRI”

 

引用

BASILICA TOTE NEJIRIとは2017年の秋冬コレクションで発表されたモデルて、建築技法として用いられるバシリカ様式からインスピレーションを得て作られたモデルです。

バシリカ様式とは簡単に説明すると教会にみられる左右両側の回廊の天井の組み方がアーチ状に組まれているものをバシリカ様式といい、そのアーチの美しさを鞄のディティールとデザインに取り入れています。

一見シンプルなトートバッグですが、鞄のボディにデザインとして施されてある斜めの切り返しはその延長線上にはんどるがあり、アーチのイメージを形成します。

鞄の袋部分こ左右にはスナップボタンがつけられているので、使用していただくとトートの形から六角形の形へと変化します。お洋服のスタイリングによって表情変えることができるんです。

 

最後に・・・


決して安いものではないからこそ、”バッグ”はブランドネームだけでなく、本当に良いものを選びたいですよね。そして、やっぱり男はこういう無骨で男らしいものに惹かれてしまうものです。経年で変化したCORNELIAN TAURAS BY DAISUKE IWANAGA(コーネリアン タウラス バイ ダイスケ イワナガ)は男と一緒に”良い味”を醸し出してくれることと思います。

引用

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. S.N.S HERNING(エスエヌエスハーニング)

  2. JOHNSTONS(ジョンストンズ)

  3. BERNARD ZINS(ベルナール ザンス)

  4. デンハム

    DENHAM(デンハム)

  5. BYREDO(​バイレード)

  6. John Molloy(ジョンモロイ)

  7. PENHALIGON’S(ペンハリガン)

  8. ZANONE(ザノーネ)

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com