M-64(フィールドパーカー)の歴史と特徴

皆様はモッズコートといば頭に思い浮かべるのはM-51(モッズコート)でしょうか?実はユーロビンテージで長年ファッションフリークに愛されているのが今回ご紹介させていただくM-64(フィールドパーカー)です。通常のコートでは真似できない、防寒性・耐久性・機能性に優れた素晴らしいフランス軍の名作です。M-64(フィールドパーカー)の歴史やデザイン、特徴、コーディネートや着こなしをご紹介させてください。

写真引用元

 

M-64(フィールドパーカー)の歴史


M-64(フィールドパーカー)とは、1964年からF2(フィールドパーカー)が採用される80年代までフランス軍で採用されていたフィールドパーカーです。1964年なのでM-64と言います。

写真引用元

 

M-64(フィールドパーカー)の特徴


フランス軍にて1964年に採用された事から、通称「M-64」と呼ばれるフレンチミリタリーを代表するフィールドパーカーの名作です。 アメリカ軍の「M-51」のデザインが踏襲されている事から、全体のデザインにも共通したディティールが盛り込まれています。 ただ、そこはやはりフランスです。 纏った時のシルエット、サイズバランスの均整の美しさが計算されており、ミリタリーコートでありながらも無骨になり過ぎないスマートな一着と言えます。 ミリタリーコートでありながらもゴツゴツした感じは少なく、エレガントな印象すらあります。

写真引用元

 

「ユーロミリタリーの王者」

M-64はユーロミリタリー愛好者が好んで使う定番的なコートとして、普段着からセットアップなどと幅広く対応します。多くのミリタリーコートの中でも非常に完成度の高いデザインと言えます。フードはシェルと一体型で、首周りは高め。 トップボタンまで閉めれば首を覆う姿も雰囲気が良いです。

 

「上品な艶が漂うコットンサテン」

生地は適度に艶のあるコットンサテン100%。 シェルは使い込む程に味わいも増していきます。 耐久性も高いので、数年後の経年変化も併せて楽しめる一着です。 アメリカ軍の物のように、はっきりとしたオリーブドラブ色では無く、グレーが混ざったような落ち着きのある渋いオリーブ色も特徴です。

 

「圧倒的な守備範囲の広さ」

ライナーもセットになっているので、本格的な冬にも対応。ライナーを外せば春や秋は勿論、真夏以外のシーズンで使い倒す事が出来ます。 結構真冬でもシェルのみで使われている方も散見しますが、防寒性を考慮するのであれば、やはりライナーは必須です。 温かさが全く違います。

 

M-64(フィールドパーカー)のオススメコーディネート


写真引用元

海外セレブの中で不動のミリタリー帝王と呼ばれているのが元イングランド代表でプロサッカー選手だったベッカムです。彼の着こなしはシンプルながらも色使いとサイジングが抜群に上手いです。今回はモッズコートを軸にモノトーンでまとめつつ、カーキに最も相性の良いベージュをうまく合わせる事で抜け感を演出しています。インディゴシャツのチラ見せも全体のバランスを考えるち程よいスパイスが効いてコーディネートに奥行きが出ています。ベッカムの着こなしを是非参考にしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. M-41(フィールドジャケット)の歴史と特徴

  2. ファッショニスタ“ETHAN NEWTON(イーサンニュートン)”着こ…

  3. pittiuomo

    PITTIUOMO(ピッティウオモ)92の速報。ファッショニスタ達の着…

  4. ファッショニスタ“LucaRubinacci(ルカルビナッチ)”着こな…

  5. ミリタリージャケットの種類とお洒落な着こなし方【メンズコーディネート】…

  6. M-59(フィールドコート)の歴史と特徴

  7. 【時短で学ぶ!着こなしノート Vol.7】ムートンジャケットは黒で纏め…

  8. renata nakata hidetosi

    【時短で学ぶ!着こなしノート Vol.6】グレースーツはモノトーンで合…