【時短で学ぶ!着こなしノートvol.8】たまにはモダンにスーツを着こなしたい!

今回はオリビアパレルモの夫でモデルのヨハネスヒューブル様!!ストリートスナップで知名度急上昇中の『ヨハネス・ヒューブル』身長188センチでこの甘いマスク。男も女も関係なく誰もが羨む理想的な男性です。大人の色気が漂うファッションは、誰もが真似したくなるセンスの塊。男性なら皆さん一着はスーツをお持ちですよね?カッコ良し、色気あり、センスありの着こなし方をご紹介します。

renata

ワイドのピークドラペルでショルダーも強め、ウエストはバッチリ細めの正に英国仕立て。最近では英国調、英国調とファッション業界では耳にタコができるほど旬なスーツをヒューブル様は簡単に着こなしています。グレー、ブラック、ホワイトと基本的な“無彩色”でまとめあげられたコーディネートですがこの手の装いはシンプルな程着ている本人を惹きたててくれます。そして、太めなラペルに対して細めのナロータイをチョイスしている事でスーツの力強さをうまく緩和させています。一見するとシンプルすぎるような感覚になりますがしっかりポケットチーフで柄を取り入れていて、遊びも忘れていません!!ヒューブル様を参考に普段持っているスーツもたまにはモダンにシックに着こなしてみませんか?!

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. ビジネスマン必見!!お洒落な高級ネクタイブランドのオススメ特集

  2. MK3(フライトジャケット)

  3. F-2(フィールドジャケット)の歴史と特徴

  4. ファッショニスタ“ETHAN NEWTON(イーサンニュートン)”着こ…

  5. M-47(フィールドカーゴパンツ)の歴史と特徴

  6. RENATA バブアー

    BARBOOUR(バブアー)の種類とお洒落な着こなし方【メンズコーディ…

  7. ファッショニスタ“LucaRubinacci(ルカルビナッチ)”着こな…

  8. N-3B(フライトジャケット)の歴史と特徴

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com