THE INOUE BROTHERS(ザ・イノウエ・ブラザーズ)

THE INOUE BROTHERS(ザ・イノウエ・ブラザーズ)の歴史


デンマークのコペンハーゲンで生まれ育った日系2世兄弟、1978年生まれの兄井上 聡氏と1980年生まれの弟清史氏が2004年に設立したブランドです。デザインとクリエイティブのスキルを使って、様々な社会問題を解決したいと思いから「ザ・イノウエ・ブラザーズ」を設立しました。2つの文化―日本の繊細さと北欧のシンプルさへの愛を基本として生まれたデザイン・アートスタジオを 、彼らはScandinasian(スカンジナジアン)デザインと呼んでいます。

写真引用元

 

(兄)井上 聡(弟)井上 清史

ブランドの創業者でありCEOである二人は、デンマークのコペンハーゲンで生まれ育った。兄の聡はコペンハーゲンを拠点にグラフィックデザイナーとして、弟の清史はロンドンでヘアデザイナーとしても活躍。そこで得た収入のほとんどを「ザ・イノウエ・ブラザーズ」の活動費に費やす。

 

 

THE INOUE BROTHERS(ザ・イノウエ・ブラザーズ)の特徴


THE INOUE BROTHERS(ザ・イノウエ・ブラザーズ)は生産の過程で地球環境に負担をかけず、生産者にも不当な労働を強いない「エシカル(倫理的な)ファッション」を信条にしています。春夏は東日本大震災で被災した縫製工場で生産するTシャツを、秋冬は南米アンデス地方の貧しい先住民たちと一緒につくったニットウェアを中心に展開。ファッションではなく、社会貢献が目的だと公言していますが、その一方で世界一カッコいい、コレクションをつくる事を目指しています。

写真引用元

 

「素材への探究心」

南米ボリビアやペルーの先住民が飼育する高品質のアルパカやビキューナを用いたニットアイテムで知られています。実際に現地へ赴き、直接生産者と話し一つ一つのアイテムに合う素材を見つけるのです。天然のピマコットンを使ったコレクションは、インカ時代から伝わるペルー原産の主に海岸沿いで育つ品種で、一般的なコットンに比べて環境負荷が著しく低く生産が出来ます。

写真引用元

 

「色の拘り」

アルパカの毛の色は遺伝子によって決まり、元々は白やグレー、ブラウン、黒までグラデーション状に36色が存在していました。どんな色にも染まる純白の繊維が尊重され、白いアルパカが優先的に育てられるようになったことから、現在では28色にまで減少。その中でも全体の0.01%という希少性の高い黒のアルパカのコレクションも発表しています。

写真引用元

 

「ブランドのアイコン」

ザ・イノウエ・ブラザーズのタグやボタンに刻まれているのは、南米で「団結」を意味する拳(こぶし)のマークです。様々な土着の遺産・文化、また手工業に長けたコミュニティーとの強い絆の象徴でもあります。肩や袖など織りのの切り替え部分にあるレザーパッチはブランドのアイコンと共に、生地の補強という役割も兼ねています。

写真引用元

 

「楠のタグ」

どちらのアイテムにも基本的には楠を使ったタグが付いています。これは古くから「虫除けの木」として知られる楠を使った、天然の防虫・消臭効果を利用した防虫剤です。着用する消費者の為にも考えられている素晴らしいアイデアです。

写真引用元

 

「圧倒的なコストパフォーマンス」

彼らが長い年月をかけて現地の農家の方々と築いた信頼関係が中間業者を挟まないダイレクトトレードを可能にしています。同レベルのアルパカを使用したメゾンブランドの商品の約4分の1から5分の1ほどです。ただ、本当に変えたかったのは価格だけではなく、アンデスの誇りであり文化であるアルパカを扱う農家の貧困という現状を変えたかったのです。

写真引用元

 

THE INOUE BROTHERS(ザ・イノウエ・ブラザーズ)の定番モデル


「インペリアルアルパカのニット」

原毛の細さがおよそ16マイクロメートルという平均的な髪の毛の1/5ほどしかない極細毛で制作されたニットです。至高のアルパカ毛が生み出す、上品な光沢ととろけるような肌触りが最高の着心地を生み出します。アルパカの繊維は中が空洞になっているのでサーマル効果(自発的な呼吸)があり寒いと暖かく、暑くなると体温を逃してくれる自然な高機能素材です。

写真引用元

 

「ストール」

創業当初から製作しているストールやマフラー。その中でも特にマルチカラーのストールはデザイナーが指定したベースの色に合わせて、現地の職人の感性で色が選ばれているいます。それぞれの色に合ったアルパカの毛を使用し、希少性の高さも一つの特徴です。コーディネートのアクセントにもなり、ギフトでのプレゼントにも人気の高いアイテムです。

写真引用元

 

「コットンカットソー」

前述したインカの綿を使用しています。インカ時代から栽培された歴史があるピマコットンは、無農薬で育つ強さがあり、虫が付かないように虫が苦手な植物と混植した畑で育てられています。水の使用量は通常の綿花栽培に比べ2分の1~3分の1程度で、ほとんどは雨など自然環境によって賄われています。そのためシルキーで自然な光沢感があるのが特徴です。

写真引用元

 

THE INOUE BROTHERS(ザ・イノウエ・ブラザーズ)の取扱店


伊勢丹新宿メンズ館

UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)

BEAMS(ビームス)

TOMORROWLAND(トゥモローランド)

ESTNATION(エストネーション)

etc

※取扱はシーズンや店舗によって異なる場合もございます。

写真引用元

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. LOOPWHEELER(ループウィラー)

  2. ZANONE(ザノーネ)

  3. 3×1(スリーバイワン)

  4. INCOTEX(インコテックス)

  5. ヴィガーノ

    VIGANO(ヴィガーノ)

  6. ANATOMICA(アナトミカ)

  7. mocT(モクティ)

  8. ドレイクス

    DRAKES(ドレイクス)