NUMBER M(ナンバーエム)

NUMBER M(ナンバーエム)の歴史


オートクチュールをメインとしたMIKAKO NAKAMURA(ミカコ ナカムラ)のデザイナーとして有名な中村三加子氏により2016年もと、誕生した世界初のエラスティックパンツのNUMBER M(ナンバーエム)。その後デビューを果たしたメンズコレクションも人気があります。そのコンセプトは、「オートクチュールなマインドをウエストゴムで自由に履く」。その独創性とデザイン性で人気を浴びています。

写真引用元

 

NUMBER M(ナンバーエム)の特徴


アイデンティティカラーはブルーで、欧米で言い伝えられる SOMETHING BLUE/幸せのブルーからのインスパイア。シーズンコレクションは3ラインから成り、PRESENT・ACTIVE・JETSETTERで構成されています。履いていてもストレスを感じることがないパンツブランド。「モード」×「リラックスしたはき心地」が特徴です。

写真引用元

 

「日本国内で一貫して生産」

すべてのアイテムを日本国内で一貫して生産している徹底ぶりに加え、同ブランドのアイコンであるこだわりのゴムは石川県で生産されており、1本のゴムを2つに折ってつくる‟ダブルゴム”を採用し、ウエストを包みこむような優しいフィット感を実現しています。

写真引用元

 

「アイデンティティ溢れるブランド力」

コレクションは、シーズンデザインを落とし込んだ”present”機能性とファッション性を両立させた”active”デイリーラインの”jetsetter”の3つのレーベル展開がされておりまして、どのラインもとてもアイデンティティー溢れており、元はレディースメインのパンツブランドということでデザイン性・シルエットなど非常に洗練されています。

写真引用元

 

「リラックスパンツの大本命」

ウエスト部分にもゴムを配したリラックスパンツではあるんですが、そんなイメージを感じさせない、ドレスパンツのようなエレガントな見え方・雰囲気を感じれるのがこのパンツの魅力的なところ。快適に大人のスタイルを楽しんで頂けるという素敵なパンツなんです。

写真引用元

 

NUMBER M(ナンバーエム)の定番モデル


「キャロットテーパードクロップドパンツ」

写真引用元

NUMBER M(ナンバー エム)の中で最もメリハリの付いたキャロットシルエットが特徴のクロップドパンツ、パキッとした1プリーツと深めの股上がモダンな印象を漂わせます。タックインするとゴムがアクセントになったスポーティーな見え方になり、タックアウトすると圧倒的にエレガントなドレスパンツに見えるという二面性が持ち味でして、ドレスミックス・スポーツミックスを自在に楽しむことが可能です。

 

「シャーリンググルカパンツ」

写真引用元

NUMBER M(ナンバー エム)では最もデザインコンシャスな部類に入るグルカパンツモチーフの一本は、サイドアジャスター仕様を採用していることからアイコンであるダブルゴムはセットされていません。それでもしっかりシャーリング仕様にしつつコンフォートな穿き心地を実現していますので、実は意外とそのまま脱ぎ穿き出来てしまうイージー感も密かな魅力になっています。

 

NUMBER M(ナンバーエム)の取扱店


NUMBER M(ナンバーエム) 各店

UNITEDARROWS(ユナイテッドアローズ)

STRUSBURGO(ストラスブルゴ)

guji(グジ)

BRONLINESHOP(ビーアールオンラインショップ)

TOKYOlife(トーキョーライフ)

etc…

※取り扱いはシーズンや店舗によって異なる場合がございます。

写真引用元

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. TONELLO(トネッロ)

  2. ORCIVAL(オーシバル)

  3. NEEDLES(ニードルズ)

  4. ドレイクス

    DRAKES(ドレイクス)

  5. renata pellemorbida

    PELLE MORBIDA(ペッレモルビダ)

  6. AG JAENS(エージージーンズ)

  7. アラルディ

    ARALDI 1930(アラルディ1930)

  8. Finamore(フィナモレ)