LAVENHAM(ラベンハム)

LAVENHAM(ラベンハム)の歴史


LAVENHAMは1969年、ロンドン北東部SUFFOLK州の小さな村LAVENHAM(ラベンハム)で設立されました。創設者Mrs. Elliotは当時エリザベス女王に仕える女官で、キルティング加工をした生地を使い女王の乗られる馬用の毛布(ホース・ブランケット)を作る事を思い付き、同年ナイロン・キルティングのホース・ブランケットを発売。

写真引用元

 

1972年多くの乗馬愛好家の要望でナイロン・キルティング・ジャケットが発表され、愛馬とお揃いのジャケットを着たジョッパーが増えました。1990年に入るとイタリアで、LAVENHAMのジャケットをスーツの上に着るスタイルがファッション上級者の間に広まり、ファッション分野においての地位を確立しました。

写真引用元

 

LAVENHAM(ラベンハム)の特徴


LAVENHAMを象徴する定番のダイヤモンドキルトは、伸縮性のあるナイロン上糸と、毛羽立たせたポリエステル下糸を使用することでほつれを防ぎ、糸がクロスする部分を特殊な手法で縫い合わせることで、強度の安定性と耐久性を高める縫製技術です。また、キルティング生地から自社工場で作っているため、様々な要望に答えられるのもラベンハムの特徴で、馬やイギリス地図など変形キルトも作っています。

写真引用元

 

「高いデザイン性と安定した品質」

LAVENHAMの全ての商品は、サフォーク州サドバリーの自社工場で作られています。自社工場で一貫して作られるジャケットは、職人が生地、スタッド、ウェッビング等を厳選し、1着ずつ丁寧に縫製しています。途中で何度も検品を重ね、検査をクリアした高品質な物を提供することができます。

写真引用元

 

「キルティングへのこだわり」

ナイロンやポリエステル等の丈夫な生地の中に、ポリエステルの中綿を入れ生地の内側で綿を均一にすることで、保温性と軽さを確保しています。ポリエステルの中綿をカバーした生地を上からステッチで縫い合わせることで、内側の綿のズレを防いでいます。さらに2014年AWより採用されている「ラブンスター」と呼ばれる表のポリエステルの生地は、軽撥水で、耐水性や耐汚染性も高めているので、表地においても進化を続けています。

写真引用元

 

「英国ブランド特有のスタイル」

英国のスタイルに対する考え方が反映され、実用性とともに、ダウンと比べてもモコモコとした印象にならないスマートさは大きな特徴です。キルティングであることでの、折り目正しい印象がきれい目に見せてくれます。どんな時代になっても変わらないLAVENHAMのアイデンティが垣間見れます。

写真引用元

 

LAVENHAM(ラベンハム)の取扱店


BRITISH MADE 各店

伊勢丹新宿メンズ館

International Gallery BEAMS

EDIFICE

JOURNAL STANDARD

FREDY&GLOSTER

TOMORROWLAND

SHIPS等

※シーズンや店舗によって取扱が異なる場合がございます。

写真引用元

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. StileLatino(スティレラティーノ)

  2. Gabriele Pasini(ガブリエレ・パジーニ)

  3. grenfell

    GRENFELL(グレンフェル)

  4. THE GIGI(ジジ)

  5. JAMES PERSE

    JAMES PERSE(ジェームスパース)

  6. RENATA

    TAGLIATORE(タリアトーレ)

  7. Charvet(シャルベ)

  8. drew&co

    DREW&CO.(ドリューアンドコー)