キャプテンサンシャイン

KAPTAIN SUNSHINE(キャプテンサンシャイン)

KAPTAIN SUNSHINE(キャプテンサンシャイン)の歴史


『キャプテン サンシャイン』はもともと男性ファッション誌の編集者のデザイナーである児島晋輔氏が立ち上げたブランド。2002年に『ウェイストトゥワイス』を立ち上げ、さらに独立して2013年に『キャプテン サンシャイン』をスタートさせました。

キャプテンサンシャイン

写真引用元

 

児島 晋助


キャプテンシャンシャイン

2013年にKAPTAIN SUNSHINEを立ち上げると、瞬く間に洒落者たちの間で話題に。トラディショナルで普遍的な服をベースに、生地からこだわった服作りを行っている。

 

KAPTAIN SUNSHINE(キャプテンサンシャイン)の特徴


上質な原料から作る豊かな素材。日本のファクトリーの確かな縫製。気にせず洗って天日干しできる日常着。往年のアメリカ製品に影響を受けながら、古くからのトラディショナルやフィールドウェアなどのエッセンスを大切に、旅へと連れ出したくなる一着をデザインしています。

キャプテンサンシャイン

写真引用元

 

「素材に対する拘り」

実は『キャプテン サンシャイン』の母体はファブリックカンパニー。そんな背景もあってクオリティの高い生地を使用できる体制は整っています。日常的に多様なファブリックに触れながら、徹底して生地を追求。アイテム毎に肌触り、発色、エイジングなども考慮して緻密に選び抜かれています。例えば和紙100%を使った素材。意外性がありますが、ドライな触感を体感すれば、ビッグシルエットのTシャツに選ばれた理由がわかります。キャプテンサンシャインは素材にこだわりがあるからこそ“通”を唸らせるのです。

写真引用元

 

「テイスト豊かなカジュアルウェア」

シーマンの質実剛健で凛々しいユニフォームや、目的を持ちつつもソリッドに構成されたフィールドウェアを中心に、アウトドア、ワーク、ミリタリーなどのエッセンスも取り入れながらニュートラルに着こなせるカジュアルウェアを提案。欧米のトラッドなプロダクトから影響を受ける一方、日本ならではの生地や縫製を融合しています。そんな本物志向の服作りを実践しているからこそ、洒落者からの信頼や支持が厚いのも当然なのです。

キャプテンサンシャイン

写真引用元

 

KAPTAIN SUNSHINE(キャプテンサンシャイン)の取扱店


新宿伊勢丹メンズ館

SHIPS

H beauty&youth

1LDK

ノアズアーク

ロフトマン

ノックアウト

※取扱はシーズン、店舗によって異なる場合がございます。

キャプテンサンシャイン

写真引用元

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. ギローバー

    GUY ROVER(ギローバー)

  2. テアトラ

    TEATORA(テアトラ)

  3. paraboot

    PARABOOT(パラブーツ)

  4. LAVENHAM(ラベンハム)

  5. THE GIGI(ジジ)

  6. 100hands

    100HANDS(ハンドレッドハンズ)

  7. ENZOBONAFE(エンツォボナフェ)

  8. PAIDEIA(パイデア)