A.P.C(アーペーセー)

A.P.C(アーペーセー)の歴史


1987年にJean Touitouが設立したフランスのファッションブランドで、今日では、その創造性、人類の足跡に対する正統派的アプローチと哲学で名高い。まずA.P.C.はローデニムで名声を得る一方、カジュアルなエレガンスを具現化したメンズとレディースの服飾、アクセサリー全般のコレクションを提案しています。ジャン・トゥイトゥ(Jean Touitou)は妻でA.P.C.のアートディレクターでもあるJudith Touitouと共に活動しています。

写真引用元

 

「ジャン・トゥイトゥ(Jean Touitou)」

アーペーセー(A.P.C.)のデザイナー、ジャン・トゥイトゥ(Jean Touitou)は1951年、チュニジア生まれ。パリのソルボンヌ大学で言語学や歴史学を学び、1977年、帰国後にパリのケンゾー(KENZO)に入社します。その後アニエスベー(agnès b.)でキャリアを積み、83年、ケンゾーでともに働いていた入江末男と「IRIE(イリエ)」を設立。そして1986年、メンズのブランドとしてアーペーセー(A.P.C.)をパリで発表しました。

 

A.P.C(アーペーセー)の特徴


アーペーセーは、フランス風のカジュアルなデザイン感覚を持ちながらも、シンプルで機能的なアイテムが揃うブランドスタイルです。着る人を選ばず、着る人の個性を引き出す力を持つアイテムを作り出しています。人気アイテムにはストリート要素が強いものが多く、ブランドの特徴のひとつともいえる部分です。シンプルなTシャツや、スウェットパンツ、ニットなどは、発売前から注目を集め、店頭に並ぶと同時に売り切れてしまう人気アイテムになっています。

写真引用元

 

「他社と一線を画すブランドネーム」

写真引用元

アーペーセー(A.P.C.)のブランド名は「生産と創造の工房(Atelier de Production et de Creation)」の略です。デザイナーの名前を服のデザインに結び付けたくない、ということが意図されています。たしかに、アーペーセー(A.P.C.)の洋服からは、どちらかというとアノニマスな印象を受けます。リリースする洋服は脱個性的なものも多いですが、ブランド側としては、その脱個性的な服が、逆に着る人の個性を引き出すと考えているようです。

 

「最上のシンプル」

アーペーセーが長年にわたり、世界中の人々に愛される理由には、シンプルでどんな人にでも馴染みやすく、主張しすぎないけど特別感がしっかりあるファッションであることが最大の特徴。そしてシンプルな中にも、美しさや上品さなど、カジュアル過ぎない大人の雰囲気をも併せ持つ独特の空気感もアーペーセーの魅力で、幅広い世代から愛される所以です。

 

「拘り抜かれたデニム」

写真引用元

アーペーセーのデニムの特徴は、その美しさにあるといわれており、洗濯した後でも形をキープできるように、生地の加工の段階からこだわりを持って作られているほどです。アーペーセーの生地には、日本生まれの生地が使用されています。アーペーセーが創設された当初にデザイナーのジャン・トゥイトゥが自身で日本の生地を吟味し、選び抜かれたものを使用しています。生地は、硬めのゴワゴワとした表面の中に、ソフトな柔らかさを感じる、「フランスパンのような風合い」とも表現されたデニム生地になっています。

 

「デニム愛から成されるサステイナビリティの高さ」

写真引用元

アーペーセーでは、履きつぶしたアーペーセーのデニムを、新たなデニムに半額の値段で交換することのできる、「バトラープログラム」と呼ばれるシステムが存在し、デニムを愛する人にとっては嬉しいサービスです。状態の良い中古デニムは再度店頭に並び、新たな価値を見出すことができます。ただデニムを履くだけでなく、履く人それぞれのスタイルに合わせたデニムを提供するブランドスタイルも、多くの共感を集める点です。

 

「A.P.Cといえばやっぱりミリタリーは外せない」

写真引用元

ミリタリーウェアというのは、それ自体が機能的でシンプルな服が多いため、多くのブランドがミリタリーウェアを基にしたアイテムをリリースしています。しかし、普通はブランドの特徴を表現するため、なにかディティールを足すのが一般的だと思いますが、アーペーセー(A.P.C.)の場合は、逆により機能的、よりシンプルに仕上げ、本来はあるディティールをなくしたりします。そうした、極端なシンプル志向が逆にアーペーセー(A.P.C.)というブランドの個性を際立たせる場合があるのです。

 

A.P.C(アーペーセー)のデニムの定番モデル


「ニュースタンダード」

1989年に誕生し、『アー・ペー・セー』のジーンズ人気を押し上げたクラシックなモデル。定番3モデルの中では最もシルエットに余裕があり、裾に向かって緩やかなテーパードを効かせることで見た目の印象がストレートレッグになるように工夫しています。イメージソースは今世紀の初めにアメリカ開拓者の間で愛用されていたジーンズ。肉厚な14.8オンスのデニム生地は、ねじれにくく縫い目の強度も増す赤耳を採用しています。

 

「プチスタンダード」

最初に紹介したニュースタンダードをベースにしつつも、よりスリムに仕上げたストレートジーンズがプチスタンダード。ヒップ周りやレッグラインを細く仕上げているのはもちろん、股上も浅めに設定することでコンパクトなシルエットにまとまっています。ロックスタイルで使われるようなスキニー系ではなく、細すぎない独自のタイトジーンズという提案が絶妙で、新しい定番となりました。

 

「プチニュースタンダード」

前出の2モデル、ニュースタンドとプチスタンダードの特徴をMIXしたシルエットが最も今日的なプチニュースタンダード。股上は深めでニュースタンダードに近く、膝から裾にかけてのテーパードは強くしてプチスタンダードのような細身のレッグラインを実現しています。つまり、両モデルの長所をブレンドしてバランスを整えたモデルがプチニュースタンドというわけです。

 

A.P.C(アーペーセー)の取扱店


A.P.C(アーペーセー) 各店

etc…

※取り扱いはシーズンや店舗によって異なる場合がございます。

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. Letroyes(ルトロワ)

  2. Settefili Cashmere(セッテフィーリ・カシミア)

  3. アスぺジ

    ASPESI(アスペジ)

  4. kuro

    KURO(クロ)

  5. John Molloy(ジョンモロイ)

  6. CIRCORO1901(チルコロ)

  7. レッドカード

    REDCARD(レッドカード)

  8. THE GIGI(ジジ)