本質を知る男達 vol.2 「宮本 隼輔(@mariokart_barber)」

宮本 隼輔(みやもと しゅんすけ)


今、若者の間で爆発的な人気を誇るBARBER「MR.BROTHERS CUT CLUB(ミスターブラザーズカットクラブ)」をご存じでしょうか。そんなMR.BROTHERS CUT CLUBの原宿本店の副店長をしているのが宮本隼輔氏です。お店の中でも特にクラシックなファッションが際立ち、人を魅了するそんな力を持っています。全身に施されたタトゥーや、きっちりと整えられた髪型。クラシックを極めたBARBERスタイルの頂点とも呼べる宮本氏のスタイルのルーツやファッション感をご紹介します。

 

INTERVIEW


-宮本様のプロフィールを教えてください

MR.BROTHERS CUTCLUB HARAJUKU MAIN SHOP Vice manager

MR.BROTHERS CUT CLUB原宿本店の店内で撮らせて頂いた1枚。ニットベスト、シャツ、タイのバランスがとても良く、店内との調和も取れている。腕には国内の有名アーティストなどに依頼したタトゥーが一際輝いて見えた。

 

-コーディネートで参考にしているものはなんですか。(モノや媒体)

古い写真集やマガジン、映画に出てくる人物の着こなしなどが主な参考です。父や先輩からの着こなしアドバイスを頂いてコーディネートする時もあります。

ヴィンテージのパンツにクラシックには欠かせないウォレットチェーン。宮本氏のファッションはスタイルがある上でご自身の個性が随所に散りばめられている。

 

-好きなブランドとその理由を教えてください

TIMEWORN CLOTHING
VINTAGE

ブルゾンを羽織って全身のコーディネートを見るとクラシックの魅力がより一層際立っている。いつも崩さない宮本氏のライフスタイルからくるスタイリングは、男なら一度は真似したくなる装いだ。

 

-必ず身につけてるものや持ってるものは

指輪やブレスレットは寝るときも肌身離さず付けています。
直近アイテムで付けた金歯は絶対外しません笑

左腕にはヴィンテージのロレックス、マルコーニが巻かれている。手巻きで味のある時計と、ヴィンテージのリングは絶妙なバランス感。アクセサリーの使い方もさすが宮本氏である。

 

-ファッション以外での趣味や好きな事は何ですか

髪切の仕事をしてるので髪を切ってる時が一番好きです。
映画館で映画を見ること
年間50作近くは映画館で見ます!笑

笑顔の宮本氏の口元にはキラリと光る金歯。タトゥーや金歯などご自身のスタイルを追求し、磨いていく姿は男から見るとさらにカッコいい。整髪と共に男磨きの相談をしてみてはいかがでしょう。

 

-あなたが感じるファッションの魅力は何ですか

髪型同様に大きく外見に関わる要素なので
それぞれの個性を最大限発揮でき、個々の幸福と結びついていることが
魅力だと思います。

目元のAmerican Optical(アメリカン オプティカル)のサングラス。いやらしさなく、ヴィンテージの風合いそのままに上手くスタイリングに溶け込んでいる。アイウェアのチョイスにも拘りを感じる一枚だ。

 

-今まで出会った洋服の中で1番感動したものはなんですか。

全部です。所持しているアイテムは全てビビッときたものなので!

右腕にはティファニーのヴィンテージブレスレット。太すぎず細すぎず丁度いい主張をしている。今後ゴールドに変える予定があるそうで、MR.BROTHERS CUT CLUBを訪れた際には、宮本氏の変化にも要注目だ。

 

-洋服を好きになった理由を教えてください。

覚えてないです、、、。笑

クラフトマンシップを感じる洋服を着て、ルールを崩さずその着方に上手く自分らしさと個性を取り入れる。ただ着ているだけではなくその思いを背負って着ていると語る。

 

-ご自身でコーディネートする際のポイントを教えてください。

セオリーやルールを重んじつつも
自分なりの味を加えることを意識しています。

足下はパンツとの相性がとても良いウエスタン調のローパーブーツ。ローパーブーツとは、カウボーイが群れから離れた牛を捕えるためにロープを使用する時に履かれたヒールとトウの低いブーツ。

 

-あなたにとってファッションとは。

温故知新
僕にとってファッション含め全てお勉強として捉えてます。
常に自己満との戦いであり、生涯学習ですね笑笑

スタイリングに季節感を取り入れるのがとても上手い。お客様へ提案する際にも季節感は大事にされているそうで、感性を表現する才能が垣間見えるスタイルには流石の一言だ。

 

あとがき


見た目の印象とは裏腹に宮本氏は終始、笑顔で受け答えして頂けました。宮本氏に熱狂的なファンがいることが容易に想像が付く、内面も磨かれたジェントルマンです。そして表現力の強い人はやはりお洒落で洋服の本質を理解している方が多いんだなと宮本氏にインタビューをして改めて感じました。笑顔の先に見つめる先のヴィジョンは大きな夢があるのでしょう。ご自身のライフスタイルやコーディネートを載せているInstagram是非フォローしてみてください。@mariokart_barber

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. bad-nice 阿部高大

    本質を知る男達 vol.1 「阿部 高大(@0391orihakat)…

  2. 「下北沢古着屋 MWC(エムダブルシー)」Vintage Journe…

  3. via bespoke renata

    次世代を担う実力派ビスポークテーラー大山翔吾(Via Bespoke)…

  4. 「高円寺古着屋 S.O(ソウ)」Vintage Journey vol…

  5. 「高円寺古着屋 Grandberry Jam(グランベリージャム)」V…

  6. 「名古屋・東京駅前 古着屋 Artigiano ciao(アルティジャ…

  7. ロンハーマンに立ち寄りたくなる理由とは

  8. シャロン

    南青山のセレクトショップ、Sharon(シャロン)とは?

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com