MA-1(フライトジャケット)の歴史と特徴

元々1950年代に登場したアメリカ軍のフライトジャケットの一種ですが、ファッションシーンにおいても避けては通れないアイテムの1つです。デザインも極めてシンプルな仕様になっており、タウンユースでも主張が強すぎず気軽に着る事が出来ます。今回は、MA-1(エムエーワン)の歴史や特徴をご紹介していきます。

写真引用元

 

MA-1(フライトジャケット)の歴史


前述した通りMA-1(エムエーワン)は、アメリカ軍用のフライトジャケットとして開発されました。多くの軍用機がプロペラ機からジェット機に移行していくに従って飛行高度が高くなり、フライトジャケットに着いた水分が氷結し乗組員の活動の妨げになっていました。そこで、今までの革製ではなく当時パラシュートなどで使用されていた高品質のナイロン製のフライトジャケットが考案されました。1950年代初頭に、元々あったB-15型フライトジャケットの後継として開発されたのが、MA-1型フライトジャケットです。

写真引用元

 

MA-1(フライトジャケット)の特徴


現在MA-1(エムエーワン)の名で一般的に親しまれているフライトジャケットですが、正式名称は「ジャケット・フライヤーズ・男性用インターメディエートタイプMA-1」です。1940年代後半に世界で初めて開発されてから現代まで、アメリカ空軍パイロットのためのジャケットとして、ミリタリーフライトジャケットの代表格として君臨しています。現在は、様々なデザイン・素材・カラーのMA-1が色々なブランドから販売されているが、オリジナルモデルは、軽量なナイロンを使用したセージグリーンカラーが特徴です。

写真引用元

 

「シンプルなデザイン」

MA-1といえば襟もなく、ポケットも少ないデザインが特徴。狭い軍用機内で操縦する際に様々な機材や機器にひっかからないよう、とてもシンプルな外見に設計されている。また、着丈の後ろが前より短くなるようにされており、航空機のシートに座った際、尻と腰の間に生地が挟み込まれないため。

写真引用元

 

「セージグリーンとブライトインディアンオレンジ」

先行モデルのB-15型時には、セージグリーンとミッドナイトブルーの2色が存在していたが、MA-1ではセージグリーン一色になった。パイロットが地上で防御のためカモフラージュする際に、周囲に溶け込みやすい色として、セージグリーンが選ばれたとされている。裏地に使用される鮮やかなオレンジカラーはブライトインディアンオレンジといい視認性が高く、遠くからも発見しやすい。このオレンジカラーが救助隊へのシグナルになるので採用された。

 

 

「映画トップガンの影響」

1986年公開トム・クルーズ主演のアメリカ映画である。作品の中でトム・クルーズは、ワッペンのたくさんついたフライトジャケットを纏い、ティアドロップのブラックサングラスをかけて登場した。実際に着用していたのは正確にはMA-1ではないが、フライトジャケット自体の知名度が高まり一番安価で手に入りやすいMA-1が大きく浸透した。

写真引用元

 

MA-1(フライトジャケット)のオススメコーディネート


写真引用元

海外セレブの世界的ファッショニスタ、カニエ・ウエストの着こなしはワントーンでありながら、現代的なコーディネートへアップデートしています。インナーにパーカーを挟みやイージーブーストを履く事ででミリタリー過ぎない印象に。パンツも同じナイロンですが、色のトーンを合わせる事でバランスが取れています。デートの際はカジュアルなワントーンコーデを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. M-41(フィールドジャケット)の歴史と特徴

  2. ファッショニスタ”高田朋佳(BEAMS/ビームス)”着こな…

  3. ファッショニスタ”Alessandro Scuarzi”(アレッサンド…

  4. 【2017年秋冬】お洒落なチェスターコートオススメ5選

  5. Deck Sneaker(イタリア軍)の歴史と特徴

  6. M-64(フィールドパーカー)の歴史と特徴

  7. 【時短で学ぶ!着こなしノートvol.19】リラックスしたい休日はグレー…

  8. renata beckam

    【時短で学ぶ!着こなしノートvol.12】チェックジャケットはクラブタ…