M-59(フィールドコート)の歴史と特徴

昨今、ユーロミリタリーで、もはやメインストリームになりつつあろうかと言うスウェーデン軍。放出量が少ない事で中々、陽の目を浴びておりませんでしたが、昨年ブレイクしたM-90は多くのミリタリーファンには記憶に新しいところです。そんな今後の注目株であるM-90の前身モデルとなる主に60年代~80年代まで使われていた、M-59(フィールドコート)の歴史やデザイン、特徴、コーディネートや着こなしをご紹介させてください。

写真引用元

 

M-59(フィールドコート)の歴史


スウェーデン陸軍にて1959年に正式採用され、80年代頃まで製造されていた「M-59(フィールドコート)」ですがスタイルの良さ、他国とは違う特殊なディテールなどが特徴的なフィールドジャケットでユーロミリタリーを代表するアイテムの一つです。

写真引用元

 

M-59(フィールドコート)の特徴


スウェーデン軍らしく、無駄の無いミニマルなデザインで、ベーシックなステンカラータイプでありながらも、フロントのフラップ付きの大きなポケットに存在感があります。M-59(フィールドコート)の求められる生地の耐久性や縫製の頑丈さ、それらの要素が一体となり実現するAラインには必然的に機能美が宿っています。とにかく放出量が少なく、ユーロミリタリーの中でもスウェーデン軍の高騰が激しく今後値段が下がることはまずないはずです。

写真引用元

 

「虜になる美麗なAライン」

広い身幅による秀逸なAラインは、今っぽさを感じなくも無いですが、ただオーバーシルエットを出そうと外見のみを意識したブランドデザインとは一線を画します。ライナーを装着できる仕様となっており、快適に動くという目的に沿うよう、ゆとりを持たせている為、そもそものオーバーサイズにするベクトルが違います。

 

「男心くすぐる頑丈な生地」

表地はコットン×ポリエステル素材で高密度に織り上げられた平織り生地で、がっしりとしたハリ感と落ち着いた光沢感のあるソリッドな風合い。保温性の高いボラフリースのライナーが付属しており脱着可能なので秋から春までの3シーズン活躍してくれます。

 

「大き目なフラップポケット」

シンプルなディティールのボディーには大きめのフラップポケットが程よい重厚感を演出しています。襟はチンストラップ付きでスタンドカラーとしても使える2WAY仕様。無駄のない洗練されたデザインが非常に実用的な逸品です。

 

M-59(フィールドコート)のオススメコーディネート


写真引用元

M-59(フィールドコート)をシンプル、綺麗目にまとめたコーディネート。元々かなりボリュームのあるコートなのでサイズ感を最も意識して、綺麗目に落とし込むと着こなしやすいアイテムです。袖を捲り、軽快さを演出しつつ、シルバーアクセサリーをスパイスで加えると武骨で男らしい雰囲気に仕上がります。コンバースCT70等のローテクスニーカーでで合わせても決まりそうですがレースアップのドレスシューズを合わせる事で品良い大人のコーディネートへ昇華されています。今回のM-59(フィールドコート)の着こなしを是非参考にしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. renata cristianoronald

    【時短で学ぶ!!着こなしノート Vol.4】クリスティアーノ・ロナウド…

  2. ファッショニスタ達の着こなし【日本人編】PITTIUOMO(ピッティウ…

  3. renata

    ファッショニスタ“Kenji Cheung(張 振威)” 着こなし術

  4. 足を長く

    足を長く見せる簡単な方法【メンズコーディネート】

  5. ビジネスマン必見!!お洒落な高級ネクタイブランドのオススメ特集

  6. F-2(フィールドジャケット)の歴史と特徴

  7. greysuit

    グレースーツのお洒落な着こなし方【メンズコーディネート】

  8. hermes

    HERMES(エルメス)のお洒落なブレスレットオススメ5選