M-51(フィールドカーゴパンツ)の歴史と特徴

ミリタリーの定番ボトムスとして安定した人気を誇るカーゴパンツ。現在では、様々なシーンで活用できるファッションアイテムとして広く一般的に履かれていますが、その起源や歴史は意外と知られていないもの。M-51(フィールドカーゴパンツ)は、カーゴパンツが6ポケットになった最初のモデルで、両太腿のポケットにフラップが付いたことも併せ、現在のカーゴパンツの原型とも言われています。膝を曲げやすいように膝の部分にタックが入るなど、機能性を画期的に向上させたモデルです。今回はそんなM-51(フィールドカーゴパンツ)の歴史やデザイン、特徴、コーディネートや着こなしをご紹介していきます。

写真引用元

 

M-51(フィールドカーゴパンツ)の歴史


M-51(フィールドカーゴパンツ)はM-51(フィールドジャケット)と共に1951年に正式採用された米軍の野戦服です。極寒の気候下で使用する防寒ようのオーバーパンツとして開発されており、ライナーが取り付け可能などっしりとしたシルエットが特徴的な一本です。後継モデルのM-65(フィールドカーゴパンツ)へ移行するまでの十数年にわたってかなりの本数が生産・支給されてきましたが、今現在ではデッドストックはほぼ枯渇状態で状態の良いUSEDに関しても数が非常に少なくなってきています。

写真引用元

 

M-51(フィールドカーゴパンツ)の特徴


M-51(フィールドカーゴパンツ)とは、とは、1951年に作られたモデルの事で、ややユッタリめのストレートなシルエットは、ストリートファッションの定番です。カジュアルでも、10年以上にわたって定着した感のあるアイテムですが、希少なため復刻版も多くなってきています。シルエットは後継のM-65(フィールドカーゴパンツ)同様太めで、タイトなトップスなどと合わせたら非常に格好いい。半世紀以上前に作られたのにも関わらず、今見ても存在感が他とは一線を画すパンツです。

写真引用元

 

「大容量のカーゴポケット」

カーゴポケットの内部には止血や消音などのために使われるサイドストラップが収納されておりポケットの後ろ側に施された切込みから外に引き出して使用できるようになっています。この様に意味の無いように思えるディティールも当時を思い出し胸を熱くさせてくれます。

 

「万能なサイドストラップ」

膝を負傷した際の止血や、カーゴポケットに収納した物同士がぶつかって音を立てる事を防ぐ「サイドストラップ」。夏場はタックインをしてコーディネートすると細やかなディティールが現れるので有効利用したい。

 

「着こなしに変化を与えるヘムドローコード」

M-51(フィールドカーゴパンツ)の大きな特徴といば、裾を絞ることができ、着こなしに変化を与えるヘムドローコードだろう。スニーカーやドレスシューズに合わせて裾幅をいじることで数通りの着こなしを楽しむことができる。

 

M-51(フィールドカーゴパンツ)のオススメコーディネート


写真引用元

イタリア親父の休日。ディティールの多いM-51(フィールドカーゴパンツ)は極力シンプルに着こなすとまとまりやすい。柄の無いコーディネートでもパンツが上手くアクセントになって奥行きのある雰囲気に。シンプルになり過ぎないようにアイウェアやブレスレットは必須アイテムです。ワイルドでモテそうな雰囲気ですよね。是非参考にしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. ファッショニスタ“MarcoZmblado(マルコザンバルド)”着こな…

  2. M-51(フィールドジャケット)の歴史と特徴

  3. renata 着こなし

    【時短で学ぶ!着こなしノートvol.18】今年の春に最も気になるのはニ…

  4. renata cristianoronald

    【時短で学ぶ!!着こなしノート Vol.4】クリスティアーノ・ロナウド…

  5. renata サングラス

    【時短で学ぶ!着こなしノートvol.14】モテる大人はみんな丸いサング…

  6. ファッショニスタ“LucaRubinacci(ルカルビナッチ)”着こな…

  7. renata nakata hidetosi

    【時短で学ぶ!着こなしノート Vol.6】グレースーツはモノトーンで合…

  8. renata 着こなし 二コララダーノ

    ファッショニスタ“Nicola Radano(ニコラ・ラダーノ)”着こ…