Settefili Cashmere(セッテフィーリ・カシミア)

S

Settefili Cashmere(セッテフィーリ・カシミア)の歴史


「Settefili Cashmere(セッテフィーリ・カシミア)」の歴史はまだ浅く、2009年にミケーレ・パリエーロがイタリアはフェラーラにて従業員7人と共にスタートした小さな工房です。 彼は1990年からファッションエージェント業に携わり、その目利きセンスの高さで多くの人々からの信頼を築いてきました。 ブランド名の「Settefili(セッテフィーリ)」は「7本の糸」という意味で、名前の由来は「7」という数字の持つ意味から生まれました。

写真引用元

 

Settefili Cashmere(セッテフィーリ・カシミア)の特徴


同ブランドは、イタリア フェラーラ2009年創業の非常に若いブランドながらクオリティーの高いニットを生み出しています。糸のセレクトからデザイン、カシミア独特の技法、仕上げの加工まで全て行い、世界でも大変珍しいスイス製のビンテージ編立機(DUBIED社製)を使い、20年以上のキャリアを持つ専門の職人が仕上げていくカシミアニットは、大手のニットメーカーでは真似の出来ないデザインとクオリティーで、自信を持ってオススメ出来るニットに仕上がっています。

写真引用元

 

「世界でも大変珍しいスイス製のビンテージ編立機」

写真引用元

「Settefili Cashmere(セッテフィーリ・カシミア)」は、世界でも大変珍しいスイス製のビンテージ編立機(DUBIED社製)を使用。その上質な着心地は20年以上のキャリアを持つ専門の職人が時間をかけて、ゆっくりゆっくりと編みこんでいくことで実現します。その良さは、着ていただければ、必ずや納得していただけるはずです。

 

「拘り抜かれた素材」

写真引用元

素材はカシミアを中心に、カシミア&シルク、カシミア&リネンなどイタリアの紡績メーカー「カリアッジ社」をはじめ、カラーバリエーションに富んだ最高級の糸を使用。 糸のセレクトから、デザイン、カシミア独特の技法、仕上げの加工まで全てに関わっており、製品のクオリティーには絶対の自信を持っています。

 

「イタリアらしい繊細な色使い」

写真引用元

真夏の陽光下の空や海や花々のような美しい彩色。それらに雨を降らせた情景を思わせるシックなヴェールを纏ったスモーキーカラー。イタリア独特の色彩感覚が表現されたのがセッテフィーリニットの魅力です。

 

Settefili Cashmere(セッテフィーリ・カシミア)の定番モデル


「ケーブルショールカラー カーディガン」

写真引用元

こなれ感ある編み地、上品な発色、スッキリとしたシルエットが好評を博し、継続的に人気を集めているモデル。「Settefili Cashmere(セッテフィーリ カシミア)」を代表するアイテムです。ショールカラー及び前立て部分は、贅沢且つ耐久性に優れた袋編み。それに対して、袖と裾のリブはシングル編みにすることで、スッキリとメリハリのついた見え方に。

 

「カシミヤシルクメランジクルーネックニット」

写真引用元

カシミヤとシルクを混紡した贅沢な素材感は、究極すぎる大人の質感を生み出してしまいました。ハイゲージとミドルゲージの中間ほどの厚みは、ドレスにもカジュアルにも振りやすく重宝することは明白。カシミヤの上品なタッチに保温性能、そこにシルクの滑らかさとツヤ感が加わった佇まい、大人にこそ相応しいエレガントが宿っています。

 

「GERMOGIO COLLECTION」

写真引用元

ニュージーランド産の貴重なメリノウールを使用した“GERMOGIO COLLECTION”。しっとりと柔らかなタッチのハイゲージニットはチクチク感が皆無で、優しい着心地を感じられます。また、ほんのりとメランジを効かせることにより雰囲気のある一枚に仕上がっています。 

 

Settefili Cashmere(セッテフィーリ・カシミア)の取扱店


ring(リング)

BRONLINESHOP(ビーアールオンラインショップ)

伊勢丹新宿メンズ館

Alto e Diritto(アルトエデリット)

TOKYOlife(トーキョーライフ)

ROOTWEB(ルートウェブ)

ESTNATION(エストネーション)

GLORYGUY(グロリーガイ)

菅原靴店(スガワラクツテン)

etc…

※取扱はシーズンや店舗によって異なる場合もございます。

写真引用元

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!