mocT(モクティ)

mocT(モクティ)の歴史


mocT(モクティ)は1887年創業の新内外綿株式会社が様々な杢糸(もくいと)の開発に挑戦してきた、日本が誇る最高品質のプロダクトブランドです。歴史とその培った技術、チャレンジ精神で厳選した原料を使用し、他ではまねのできない高品質な製品を提供し続けています。より上質な生活へと導く新たなプロダクトを世界に発信し続けています。

写真引用元

 

mocT(モクティ)特徴


mocT(モクティ)はトップス、パーカー、スウェットパンツ、Tシャツ、ポロシャツ、タンクトップ、さらには帽子から靴下までグレー1色という徹底した拘り。紡績会社として様々な杢グレーのプロダクトに携わってきた中で、一つの素材としてだけでなく、糸の知識があるからこそ着る人にとって心地よいものを提供したいという想いが一つ一つのアイテムの中に詰まっています。

写真引用元

 

「グレーに込められた想い

商品に使われているグレーの生地は、約50年前に新内外綿が日本で初めて開発した「GR7」という糸によって編み上げられたものです。GR7は、一般的に杢(もく)グレーや霜降りグレーと呼ばれるもので、濃淡のある色が混じり合った色のことを指します。このGR7による杢グレーが、日本のあらゆるグレーのアイテムの中で最も流通している糸で、グレーのカラーコードとなっている色だからこそブランドの象徴となっています。

写真引用元

 

「糸が魅せる生地の特徴

グレーの生地には、よく見ると細かな蛍光の緑色が混ざっています。これは糸の時点からポリエステルを3〜5%混ぜたことによってできた繊細なビジュアルです。横に流れるような蛍光色や、不規則に並んでいるように見える小さな玉も、すべて計算して作られています。

写真引用元

 

「究極なベーシックの追求

ブランドが目指す究極のベーシックを追求するために、古今東西の古着を一通り分析しながら、限りなく普遍的に長く愛されるようなデザインが考えられています。流行を無視するわけではなく、あくまでテキスタイルを一番よく表現できるデザインを考えた結果、ベーシックなものにたどり着きました。自宅でも外でもリラックスして着られる着心地の服を目指し、ファッションに昇華できるようなデザインがベースとなっています。

写真引用元

 

mocT(モクティ)の定番モデル


「Crew Neck Pocket T-shirts」

通常のTシャツよりも少し太めの糸を使用し、ソフトな着心地と耐久性のバランスを徹底的に追求したカットソーです。程よい厚みをもたせた度詰めの天竺ボディは、ハリとコシがあり一枚で着ても様になります。シルエットはリラックス感のあるルーズフィットでいつの時代も変わらず着続けられるベーシック。さらに染色を施していない糸を使っているため、洗濯を繰り返すうちにソフトな風合いに変化していくエイジングが楽しめるのも特徴です。

写真引用元

 

「Zip Parka」

比較的ゆったりとしたシルエットでありながら、ほどよく身体をスリムに見せてくれるフィット感が特徴のパーカーです。縫製は3本針のフラットシームで、見えない裏までも拘りの詰まった綺麗な作りになっています。ポケットの縁はパイピングで補強されていて、使い勝手の良いダブルジップ、使われているパーツも長く愛用出来るように壊れにくいものを選んで作られています。

写真引用元

 

「Long Sleeve Pullover」

Zip Parka同様にややゆったりとしたシルエットで、スウェット素材のプルオーバーです。裏地は起毛していなく1年を通して着用することができます。フロントのVガゼットが古き良きヴィンテージライクなスウェットの印象になり、様々な洋服との相性を最大限まで引き上げてくれます。

写真引用元

 

mocT(モクティ)の取扱店


BEAMS(ビームス)

ILLMINATE(イルミネート)

etc…

※取り扱いはシーズンや店舗によって異なる場合がございます。

写真引用元

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. ドレイクス

    DRAKES(ドレイクス)

  2. Massimo Alba(マッシモ アルバ)

  3. kuro

    KURO(クロ)

  4. TONELLO(トネッロ)

  5. renata

    De Petrillo(デ・ペトリロ)

  6. 991 (キューキューイチ)

  7. INVERALLAN(インバーアラン)

  8. Drumohr(ドルモア)