renata mariasantangelo

Maria Santangelo(マリアサンタンジェロ)

MARIA SANTANGELO(マリア・サンタンジェロ)の歴史


「MARIA SANTANGELO(マリア・サンタンジェロ)社」は、マリア・サンタンジェロ女史により1953年ナポリにて創業。マリア女史は、祖母の代からシャツ作りに携わり、忠実にその頃の職人のシャツ作りを守っています。現在はナポリでも工場に生地が入りシャツとなり、箱に入って同じ工場から出荷するまでを一貫して行っているファクトリーが「Maria Santangelo(マリア・サンタンジェロ)」以外には1、2社となってしまっているほど稀有な存在になっています。70才を過ぎてもなおメガネもかけず、大型の機械に頼らず生地をカットするマリア女史の姿は惚れ惚れするほど。現在もその技術を受け継いだ子供たちと約30名の職人により運営されています。

 

MARIA SANTANGELO(マリア・サンタンジェロ)の特徴


ブランドネームにある『2.0』とは?

ブランドネームにある『2.0』とはシャツを仕立てる際に要となる袖付けとサイドガゼットの2箇所をハンドで作業していることを意味しており、シャープに仕上げた肩周りでもハンドワークのお陰で、生地と糸の動きがでるのでストレスフリーで着用出来る優秀なシャツなのです。

renata mariasantangelo

 

確かな技術と着心地でリピーター増殖中

当初は有名メゾンのOEM生産のみであった「MARIA SANTANGELO(マリア・サンタンジェロ)社」は近年、自社ブランドを強化。有名メゾンのOEMで培った技術とバックグラウンドには確かなものがあり、運針の細かさ、ストライプやチェックなどの柄合せ、ボディーラインの美しさなど、細部に渡り細やかな仕事が見られ、着心地の良さは折り紙付き。一度着用すると、その良さは体が忘れないとリピーターが増殖中のカミチェリアです。

renata mariasantangelo

 

MARIA SANTANGELO(マリア・サンタンジェロ)のモデル


“MATTEO(マッテオ)”

renata mariasantangelo

襟型は襟腰の高さ、襟の大きさや角度のバランスが良いレギュラーカラーの”MATTEO(マッテオ)”。タイスペースが狭く、シャープなルックス。ステッチ幅は3ミリです。

 

“MARCO(マルコ)”

renata mariasantangelo

襟型は襟腰の高さ、襟の大きさや角度のバランスが良い”MARCO(マルコ)”。ボタンを開けてもネクタイを締めても、ちょうど良い具合に収まります。ステッチ幅は3ミリです。

 

MARIA SANTANGELO(マリア・サンタンジェロ)の取扱店


BEAMS(ビームス)

ESTNATION(エストネーション)

伊勢丹メンズ

阪急メンズ

gugi(グジ)

BR SHOP(ビーアールショップ)

※買い付けはシーズンによって異なる場合もございます。

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. renata altea

    Altea(アルテア)

  2. CIRCORO1901(チルコロ)

  3. LAVENHAM(ラベンハム)

  4. AG JAENS(エージージーンズ)

  5. boglioli

    BOGLIOLI(ボリオリ)

  6. SIVIGLIA(シヴィリア)

  7. drumohr

    DRUMOHR(ドルモア)

  8. renata カンタレリ

    Cantarelli(カンタレリ)