COMOLI

COMOLI(コモリ)

COMOLI(コモリ)の歴史


COMOLI(コモリ)は2011年に小森啓二郎氏がスタートさせた日本のファッションブランド。『全ての洋服の原型は欧米から生まれ、ある目的の為に作られた物である』という考えから、『今の日本の気候に合う、日本人の体型に合った、上質でシンプルな日常着』をコンセプトに提案しています。

COMOLI,シャツ、コート

写真引用元

 

小森 啓二郎


デザイナーの小森啓二郎氏は文化服装学院を卒業後、大手セレクトショップに入社し、デザイナーとして10年勤めた後、独立。2011年に自身のブランド「COMOLI」を立ち上げました。

写真引用元

 

COMOLI(コモリ)の特徴


「着ている人と服の間にある空気感」

着回しがしやすいシンプルなデザインでベーシックアイテムが中心で、日々の暮らしをより良く上質なものにすることを目指しています。見た目と袖を通したときのギャップ、また決めすぎにならないコーデを演出できるとあって、大人のメンズに大人気のブランドです。卓越した職人たちの素材、縫製、パターンを独自のデザインの中に落とし込んでいき、服作りにおいて一番大事にしていることは「着ている人と服の間にある空気感」。

写真引用元

 

COMOLI(コモリ)の定番モデル


「COMOLIシャツ」

襟下くらいからアルファベットのAのように外側に広がるシルエットが「コモリシャツ」の特徴。着心地良く、ゆったりとした仕上がりで日本人の体形にマッチしたデザインで、ドレスシャツの構築をもとにしながら緩く仕上げられた一着。仕上げ工程を極力省くことで生まれる風合いや、最上級と言われる140番手の糸を、最小限の負荷で織って作られた素材を使い、四季のはっきりする気候の中で、なるべく通年着られる生地感など、シンプルながら名作と言われるだけの存在感を持った一着です。

 

「タイロッケンコート」

COMOLIがモダナイズしたタイロッケンコートとは、トレンチコートの前身となる型で、”tie lock”、ひもで締めるという意味からきており、「ボタンがない代わりにベルトで締めるタイプのコート」という位置付けとなっています。Burberryから発売された、ベルトで締めるコートがきっかけと言われています。トレンチコートと比べて装飾が少なく、すっきりとしたディティール、シルエットが綺麗で、着込んでもさらっと羽織れるのが魅力。

COMOLI

写真引用元

 

その他、毎シーズン様々なかたちで発表されているニットや、アウトドアウェアのディティールを採用した80年代のイギリスのロングコートをモチーフにしたストームコートなども人気。

写真引用元

 

COMOLI(コモリ)の取り扱い店


BEAMS

BIOTOP

BLAMINK

DRESSTERIOR

阪急メンズ館

UNITED ARROWS

WILD LIFE TAILOR

1LDK等

※取扱はシーズン、店舗によって異なる場合がございます。

写真引用元

 

 

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. paraboot

    PARABOOT(パラブーツ)

  2. キャプテンサンシャイン

    KAPTAIN SUNSHINE(キャプテンサンシャイン)

  3. BELVEST(ベルベスト)

  4. HERNO(ヘルノ)

  5. kinloch renata

    Kinloch(キンロック)

  6. Hevò(イーヴォ) RENATA

    Hevò(イーヴォ)

  7. ORCIVAL(オーシバル)

  8. Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ)