BARBA(バルバ)

BARBA(バルバ)の歴史


1964年、アントニオ・バルバとヴィットリオ・バルバ兄弟がイタリアのナポリで創業。ブランド設立当初は、シャツなどを中心とした小さなアパレル工場でした。ブランドとして成長を遂げるのは、90年代で、長年培ったハンドワーク(手縫いなど)やカッティングなどシャツ作りの技術をもとに、「バルバ」として商品展開を広げています。クラシックながらもモダンな感性がミックスされたシャツは、一躍イタリアで注目を浴びることとなりました。オンにもオフにも取り入れやすいモデルが揃います。

写真引用元

 

BARBA(バルバ)の特徴


「柔らかな着心地」

BARBA(バルバ)のシャツは生地が良いことはもちろん、アームホールが細いもの、細身に見せるシルエットのシャツでも非常に動きやすいもので、体によくフィットします。職人の縫製力で、胸元や襟元が立体的に構築されていて、華奢に見えず、スタイルを数段良くみせてくれます。人の体の構造を理解した自然なフィット感、持つ丸みを帯びつつ立体的なディテールは、洗練された完成形と言えます。イタリアのシャツブランドでは、フライ、ルイジボレッリなどと共に、もっとも高く評価されているブランドの一つです。

写真引用元

 

「シャツ屋の作るジャケット」

BARBA(バルバ)のジャケットはNAPOLI伝統のフルキャンバスの毛芯仕立てにイセ込みや手縫いの箇所も多く、それでいてモダンな見た目は失われない。次々とファンを獲得中の同ブランドのジャケットは、ハイクオリティな素材を搭載することで、さらにグレードアップしたような佇まいを醸し出しています。シャツ屋の作るジャケットを是非ご堪能ください。

写真引用元

 

BARBA(バルバ)のシリーズ


DANDYLIFE(ダンディーライフ)

BARBA(バルバ)の中では最もカジュアルシャツという位置付けでリリースされたダンディライフは洗いをかけた絶妙な風合いが特徴の一つ。小さめに設定された襟のデザイン、ほどよくフィット感のある美しいシルエットによって洒脱な印象を演出します。また、同ブランドならではの軽やかで動きやすい着心地もご体感ください。

写真引用元

 

「CRUTO(クルト)」

ドレスとカジュアルの丁度中間。使い勝手の良さそうなシリーズです。ドレスシャツ同様の襟、そしてカフスが芯有りです。それを洗いに掛けて、再度プレスをかけるという手の込んだ加工をしています。ボディもタイトで細身の設定。ジャケットのインナーとして着用してもすっきり収まるように設計されています。

写真引用元

 

BARBA(バルバ)の定番モデル


「ワイドカラーモデル“406”」

写真引用元

BARBA(バルバ)のワイドカラーモデル406の無地の一連のシリーズ。日本人のスタイルに適度にマッチする過不足ないシルエット、ナポリシャツならではの得も云われぬちょっとセクシーな雰囲気はやっぱりBARBAを着たくなるポイントの一つです。

 

「セミワイドカラーモデル“301”」

写真引用元

406よりも気持ち衿先の下がるセミワイドの301。ドレスシャツ全体のトレンドとしてはむしろこれくらいのものが目立っています。必要以上に羽根にシェイプを持たせているタイプでもない、ベーシックな雰囲気が新しいファンを獲得しています。

 

BARBA(バルバ)の取扱店


BARBA(バルバ) 各店

STRASBURGO(ストラスブルゴ)

伊勢丹新宿メンズ館

BRONLINESHOP

guji(グジ)

ESTNATION(エストネーション)

BEAMS(ビームス)

TOKYO LIFE(トウキョウライフ)

※取り扱いはシーズンや店舗によって異なる場合がございます。

写真引用元

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. PT01(ピーティーゼロウーノ)

  2. BRIGLIA1949(ブリリア1949)

  3. デンハム

    DENHAM(デンハム)

  4. RE/DONE(リダン)

  5. アラルディ

    ARALDI 1930(アラルディ1930)

  6. JOHNSTONS(ジョンストンズ)

  7. renata

    De Petrillo(デ・ペトリロ)

  8. SAINT JAMES(セントジェームス)