AURALEE(オーラリー)

AURALEE(オーラリー)の歴史


AURALEE(オーラリー)は、デザイナーである岩井良太氏が2015年春夏コレクションよりメンズ、ウィメンズ展開でスタートしたブランドです。ブランドコンセプトは「世界中から厳選した原料と日本屈指の生産背景で、本当に良いと思える素材を追求」、「その素材の個性を活かし、時代の気分を反映しながら、上質で洗練された洋服を提案」。2019年からパリコレクションにて発表しています。

画像引用元

 

ブランド名の由来は、Elvis Presleyの名曲「Love Me Tender」の原曲の名前であり、“光る土地”という意味。日の当たる場所で着る、日中の服を作りたいと思っていたとも語っています。

画像引用元

 

岩井 良太


デザイナーである岩井良太氏は1983年生まれ。「ノリコイケ」や「FilMelange(フィルメランジェ)」などシンプルで上質な素材使いが特徴のブランドでデザイナーやパタンナーを経験後、生地問屋のクリップ クロップで「オーラリー」を2015年春夏に立ち上げました。

画像引用元

 

AURALEE(オーラリー)の特徴


糸から開発するオリジナルテキスタイルと、今の空気感をとらえた絶妙なシルエットに定評があります。ブランドの母体である生地問屋のクリップ クロップからスピンアウトし、より良い原料を求めデザイナー自ら国内外の産地まで足を運ぶ。

画像引用元

 

「こだわりぬいた本当に良いと思う素材」

次のコレクションを準備するために半年という期間がある中で、半分は素材の開発に当てるという。大半が糸から作っているもので、その他は別注生地など100%ブランドのオリジナル。一般的な、商品を作りたいからこういう素材を作ろうというパターンと、原料、加工からこのアイテムを作ろうというパターンもあり、特殊なデザインの出し方からもこだわりが見受けられます。

 

「シンプルかつトレンド感のあるシルエット」

AURALEE(オーラリー)は素材だけではなく、空気感や感覚的なものを重視しています。デザイン性が高いわけではない分、細部のこだわりにはかなり気を使っている。

画像引用元

 

AURALEE(オーラリー)の取扱店


AURALEE 青山店

1LDK

伊勢丹新宿メンズ館

BARNEYS NEWYORK

BIOTOP

UNITED ARROWS

ESTNATION

RON HERMAN

SHIPS等

※シーズンや店舗によって買い付けが異なる場合がございます。

 

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. INCOTEX(インコテックス)

  2. ernesto parma

    ernesto(エルネスト)

  3. lideal(リディアル)

  4. Pierre-Louis Mascia(ピエール=ルイ・マシア)

  5. ENZOBONAFE(エンツォボナフェ)

  6. LAVENHAM(ラベンハム)

  7. renata カンタレリ

    Cantarelli(カンタレリ)

  8. Charvet(シャルベ)