08sircus(08サーカス)

08sircus(08サーカス)の歴史


2010SSよりデザイナーの森下公則氏がスタートした日本のブランドです。ブランド名の由来は、英国の称号である「sir(サー)」と顧客という意味の「cus(カスタマー)」 を組み合わせた造語です。08は、デザイナー自身の好きな昆虫の「蜂」から名付けられました。2014年、デザイナー森下公則氏が店主を務めるギャラリーのようなアトリエショップ「08ブック(08book)」が、世田谷区羽根木にオープンした。

写真引用元

 

森下 公則


1964年広島県に生まれ。2003年春夏コレクションで自身の名を冠したブランドkiminori morishita(キミノリモリシタ)を発表し、パリで定期的にショーをしていました。2009年、kiminori morishitaのデザイナーを退任とともにブランドを休止後、同年、自身の会社「kiminori morishita garments lab inc.」を設立。2016年に、満を持して再スタートしました。

 

08sircus(08サーカス)の特徴


ブランドコンセプトについては、「自分が本当に着たいと思うもの。イージーでリラックスだけれど、シックでエレガントな服。強さを持っていたキミノリモリシタのイメージから目線を下げ、目に見えるラグジュアリーとは違う、リアルな感覚でちょっと先を行く新しい服を提案したかった。」とデザイナーが語っています。

写真引用元

 

「加工への徹底的な拘り」

08sircus(08サーカス)の作り出す服には、皺や洗い、素材を摩擦で毛羽立たせ長く愛用した様な雰囲気を出したりと、職人が手作業でも難しい加工が成されています。最低限のミニマルデザインであるにも関わらず、その繊細な技術は日本特有の美しさがあると世界中で評されています。

写真引用元

 

「慎重に選択するテキスタイル」

 森下氏が創造するものには、異素材の組み合わせとそのバランスが絶妙に噛み合っています。モダンなカットとテクニカルな生地、軍服に使用される生地やビンテージから発想した素材が共存し、職人仕事を思わせるスポーツウェアを現代的に演出してます。08sircusにしか出来ない物づくりをしているのです。

写真引用元

 

08sircus(08サーカス)の取扱店


H BEAUTY&YOUTH

BEAMS

ESTNATION

STUDIOUS

LOVELESS

伊勢丹新宿

etc…

※取扱はシーズンや店舗によって異なる場合もございます。

写真引用元

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. Hender Scheme(エンダースキーマ)

  2. m’s braque(エムズブラック)

  3. NUMBER M(ナンバーエム)

  4. STONEISLAND(ストーンアイランド)

  5. palto

    PALTO(パルト)

  6. ARCODIO(アルコディオ)

  7. HAVERSACK(ハバーサック)

  8. Santa Maria Novella(サンタ マリア ノヴェッラ)

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com