ENZOBONAFE(エンツォボナフェ)

ENZOBONAFE(エンツォボナフェ)の歴史


「ア・テストーニでの靴作りの修行」

1963年に創立されたEnzo Bonafe。エンツォボナフェ本人は50年以上も靴の世界にいる職人中の職人で 1963年に自らの名前をブランド名して靴作りを開始するまでの間はイタリアの有名な靴メーカーのひとつであるア・テストーニで靴作りの修行と経験をつんだ。

写真引用元

写真引用元

 

「充填材は使っていない」

ボローニャに工房を持ち、ブランドとしては歴史が浅いながらも高いクオリティと靴作りに対する真摯な姿勢は老舗と比較しても遜色ありません。ボナフェ・ファミリー他10名程度の小規模な靴工房ながらグッドイヤー・ア・マーノ製法(ハンドソーンウェルト=手縫いのグッドイヤーウェルト)でインソールをドブ起こししてウェルトを手で縫い上げていきます。又、ボナフェの特質すべき点はインソールに7mm厚程の革を使用する事で充填材は使っていない事です。

写真引用元

写真引用元

 

「イタリア文化振興に寄与した企業に大統領より金メダル」

クオリティに細かく気を配り、職人芸を実現し保ち続けることが”ENZO BONAFE”のポリシーです。 エンツォ・ボナフェはローマ法王も愛用しイタリアが共和国となり40周年を記念する際、イタリアにとって重要な企業、イタリア文化振興に寄与した企業に大統領より金メダルが贈呈され”ENZO BONAFE”も100社の内の1社に選ばれました。

写真引用元

 

ENZOBONAFE(エンツォボナフェ)の特徴


グッドイヤー・ア・マーノ製法

このブランドの特徴は、やはり品質に対する強いこだわりから生まれるその製法にあると言えるでしょう。具体的にはグッドイヤー・ア・マーノ製法という手縫いのグッドイヤー製法であったり、2C(ドゥーチェ)製法という踏みつけ部分はグッドイヤーウェルテッド製法、ウエスト部分のみマッケイ製法の組み合わせを使うことによって、見た目以上の軽さと反りの良い履き心地を実現。その結果、機械のような固さがない、独特の優しい雰囲気が出ています。

写真引用元

 

“手書きされたインソール”

革靴というアイテムが大量生産の工業製品から、一点もののアートピースに変わる瞬間。職人さんが、一足一足文字を書いているインソールには諸々書いてあり、手作り感と高級感を味わうことができます。

写真引用元

 

伝説的なモデルであるウィングチップ


また、ボナフェ氏が自身のブランドを始める際に作った伝説的なモデルであるウィングチップは、英国のクラシックさとイタリアのエレガントさを掛け合わせた同氏ならではのデザイン。ソールやコバにボリュームを持たせることで、重厚感も兼ね備えています。

写真引用元

写真引用元

 

名優CARY GRANTの名を冠したサイドゴアブーツ


セミスクエアとラウンドの間くらいの低く抑えられたトウから甲まで続く美しいラインは、サイドゴアの特徴であるシューレースが無いことで一層引き立ちます。それに加えて、ラスト(木型)設計の美しさ、ピッチドヒール、ソールのヒドゥン・チャネル仕上げ(伏せ縫い)の美しさ、などこだわりのデザインとディティールの積み重ねによって、クラシックでありながらモダンな雰囲気を持ち合わせる1足に仕上がっています。また、ショート丈なので足入れが広く脱ぎ履きがしやすいのも◎。意外と日本は夜の席などでシューズを脱ぐ機会が多いので、そういった部分でも重宝するはずです。

写真引用元

写真引用元

 

ENZOBONAFE(エンツォボナフェ)の定番モデル


 ストレートチップ シューズ/EB-11

セミスクエアなトウは低く抑えられ、甲の高さがほどよいこちらのラスト(木型)は、土踏まず部分のアーチと包み込むようなヒールカップによって快適な履き心地が得られます。日本人の足型に合うように設計されたラストなので、くるぶしが引っかかることも少ないはず。

写真引用元

 

ダブルモンクストラップ シューズ/EB-02

クラシカル且つモダンな見え方が汎用性を生み、洒落者御用達となったダブルモンク。絶妙なトウの形状とキャップの大きさ、ピッチドヒール、ソールのヒドゥン・チャネル仕上げ(伏せ縫い)の美しさなど、端正なデザインとディテールの積み重ねによって、タイムレスな魅力を放ちます。

写真引用元

 

 コインローファー/EB-08

人気の秘密はハンドメイドがゆえの履き心地の良さはもちろんのこと、ラスト(木型)設計の良さによる美しいフォルム。そして、本来はカジュアルシューズに属するコインローファーが実にエレガントに仕上げられているから。絶妙なトウの形状とノーズバランス、ピッチドヒール、ソールのヒドゥン・チャネル仕上げ(伏せ縫い)の美しさ、などこだわりのデザインとディティールの積み重ねによって、タイムレスな魅力を放ちます。

写真引用元

 

ENZOBONAFE(エンツォボナフェ)の取扱店


伊勢丹メンズ館や横浜タカシマヤ、松屋銀座、玉川高島屋本館などの百貨店をはじめ、ESTNATION、BARNEYSNEWYORK、BEAMS、UNITED ARROWS、などのセレクトショップにも多数お取り扱いがあります。お店ごとによって別注商品もございますので、お好みの一足が見つかるかと思います。

※シーズンによって買い付けが変わる場合もございます。

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. PT01(ピーティーゼロウーノ)

  2. GIANNETTO(ジャンネット)

  3. ギローバー

    GUY ROVER(ギローバー)

  4. 08sircus(08サーカス)

  5. 3×1(スリーバイワン)

  6. renata mariasantangelo

    Maria Santangelo(マリアサンタンジェロ)

  7. モンテドーロ RENATA

    MONTEDORO(モンテドーロ)

  8. LUIGIBORRELLI(ルイジボレッリ)