TAG

ファッショニスタ

ファッショニスタ”Domenico Gianfrate”(ドメニコジャンフラーテ)着こなし術

洋服は勉強と一緒で勉強したことをアウトプットしていくことでどんどん”センス”を磨いていけます。ある程度自分自身のスタイルが確立してくると自分だけの”ルール”が出来てきます。そしてそのルールこそが着こなしとなります。今回ご紹介する、ジャンフラーテは自分自身の似合う洋服をよく理解しています。彼の色気ある着こなし、そしてイタリアン過ぎず、モードなテイストを絶妙に取り入れた着こなしは本当に参考になります。 […]

ファッショニスタ”Alessandro Scuarzi”(アレッサンドロスクアルツィ)着こなし術

ファッションにおいて”ミリタリー”というものはとても密接な関係であり、今もなおたくさんのデザイナーがミリタリーをベースにデザインをしています。しかし、本当の意味でミリタリーをファッションに落とし込んで洋服を着こなす人物はそういません。今回、ご紹介させていただくAlessandro Scuarzi(アレッサンドロ スクアルツィ)はそんな”ミリタリー”を着こなす数少ない人物です。もちろん、ドレススタイ […]

ファッショニスタ”Roberto Mararo”(ロベルトマラーロ)着こなし術

PITTIUOMOにてその研ぎ澄まされたコーディネートとダンディな佇まいから、注目を浴びている人物がいます。そう”Roberto Mararo”です。完成された彼の着こなしは見る度に圧倒されてしまいます。私も彼を見ると休日にもスーツを着たくなったものです。本来スーツとは決して”仕事着”ではないはずです。スポーツやリラックスが流行っている今の時代だからこそ今一度スーツの着こなしを学びたいと皆さんに思 […]

ファッショニスタ“安武俊宏”(BEAMS/ビームス)着こなし術

天下のビームスのプレスとしてメディアへの露出も多い安武俊宏氏。そんな安武氏の生い立ちは福岡生まれ札幌育ち。文化服装学院卒業後、2005年にビームス入社。ビームス 銀座、ビームス ジャパンにてメンズドレスの販売を経て、2012年よりプレスに。 現在はメンズドレスを中心にデザイナーズから雑貨等のプレスを担当しています。 写真引用元 安武氏の着こなしの特徴は“トラディショナルをベースに様々な国のエッセン […]

ファッショニスタThe Armoury“MarkCho(マークチョー)着こなし術

世界中の粋な紳士たちに注目されているメンズショップが、香港にあることをご存じですか? 最高の品質と、スタイル。ドレス好きにはたまらない最高の空間を提供してくれるその名は「アーモリー」。かつてはファッションへのこだわりと興味を共有するビジネスマンだった、アレン・シーさんとマーク・チョーさんが、その情熱を形にして2010年に創業しました。今回はその世界で最も注目されているアーモリーの代表「Mark C […]

ファッショニスタ“干場 義雅”(FORZA STYLE)着こなし術

干場 義雅(ホシバヨシマサ) 1973年1月11日生まれ。『LEON』や『オーシャンズ』など数々の人気男性誌の創刊編集者として“ちょい悪オヤジ”ブームを作り、ファッションディレクターとして独立。 2012年、株式会社スタイルクリニックを設立。TOKYO FMでメインパーソナリティとしての顔も。船旅を愛する男女誌『Sette Mari(セッテ・マーリ)』の編集長、また「女性の本音が日本の男をもっと格 […]

ファッショニスタ、小木”Poggy”基史(ユナイテッドアローズ&サンズ)着こなし術

小木”Poggy”基史 ユナイテッドアローズ&サンズ ディレクター兼バイヤー/ユナイテッドアローズ 原宿本店 メンズ館 ディレクター 1997年ユナイテッドアローズに入社後、販売スタッフ、プレスを務めた後、2006年にリカー、ウーマン&ティアーズをオープン。日本のファッションシーンに新風を吹き込む。その後、2010年からはユナイテッドアローズ&サンズのディレクター/バイヤー […]

ファッショニスタ”高田朋佳(BEAMS/ビームス)”着こなし術

“高田 朋佳” Brilla per il gusto buyer あくまでイタリアブランドを中心に魅せ方として、様々な雰囲気を醸し出せるのが高田氏のポイントだ。彼のルールはソックスを履かない事。ほとんどのパンツがくるぶしより少し上の丈でお直しされている。普通に着こなしてしまうとバランスが悪く見えてしまうが、絶妙なサイズ感とトータルバランスで綺麗に魅せている。ちなみに、高田氏もインスタ […]