CPOシャツの歴史と特徴

最近ファッション業界で古着だけではなくミリタリーは注目され、様々な素材やデティールを踏襲し数多くのミリタリー由来のアイテムが生み出されています。メンズ、ウィメンズ問わず人気を博し、普段のワードローブに取り入れやすいシャツの中で、今回はCPOシャツにフォーカスを当て歴史やデザイン、特徴、コーディネートや着こなしをわかりやすく紐解いていきます。

写真引用元

 

CPOシャツの歴史


CPOシャツはアメリカ海軍に採用されていた、甲板作業のときに着用していたウェアがオリジナルです。C.P.O.とは「Chief Petty Officer」を省略したもので、アメリカ海軍の下士官のことで、彼らに支給されたシャツ型アウター、ジャケットとして活躍していました。

写真引用元

CPOシャツの特徴


元々はピーコートのようなネイビー無地のウールメルトン生地を使用し、ユニフォームとして着用されていました。海軍ならではアンカー(錨)マーク入りの大きなボタン。着丈は短く、身幅や袖幅も大きくとられています。さらに、CPOシャツらしい大きな特徴は、両胸のボタンつきフラップポケット。このディテールがあるだけでCPOジャケットに見えると言っても過言ではないのです。

写真引用元

 

「ダブルポケット」

両胸についたフラップ付きのパッチポケットが最も大きな特徴の一つです。物を入れるだけではなく、このデティールがシャツアウターとして着る際のバランスを取ってくれるので、シャツ本来がもつ上品さとカジュアルさを併せ持つアイテムとして着用できます。

 

「アンカーボタン」

オリジンのシャツには通常のシャツよりも大きめな錨マークの入ったアンカーボタンが採用されています。船や航海を連想させるものとして、シンボル的に用いられることも多く、海軍由来のアイテムとしてならではの特徴です。

 

「ウールメルトン」

厚手なウールメルトンを使用し、保温性に優れ耐久性もある素材が採用されています。シャツのデティールでありながらメルトンを使用することでボリュームを生み、アウターとシャツの良さがあります。近年ではメルトンだけではなく様々な素材が使われています。

 

CPOシャツのオススメコーディネート


写真引用元

今のトレンドらしくオーバーサイズで着るのも気分ではありますが、あえてジャストサイズで大人な着こなしもオススメです。カジュアルでありつつもパンツを細身にすることでミリタリー感を程よく抑えてくれ、万能シャツジャケットとして活躍してくれます。足元はカジュアルにするならスニーカー、キレイ目にするならブーツや革靴で大人カジュアルを楽しむのもいかがでしょうか。参考にしていただければ幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. B-3(フライトジャケット)の歴史と特徴

  2. ジャングルファティーグジャケット(コンバットトロピカルコート)の歴史と…

  3. M-47(フィールドジャケット)の歴史と特徴

  4. M-51(フィッシュテールパーカー)の歴史と特徴

  5. ユーティリティーシャツ(アメリカ軍)の歴史と特徴

  6. L-2B(フライトジャケット)の歴史と特徴

  7. M-51(フィールドカーゴパンツ)の歴史と特徴

  8. A-2(デッキジャケット)の歴史と特徴

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com