G-1(フライトジャケット)の歴史と特徴

誰もが知る映画「トップガン」でパイロット役を演じたトム・クルーズの影響により、瞬く間に大流行したことでも知られているアメリカ海軍の名作「G-1(フライトジャケット)」をご存じでしょうか?男なら誰もが一度は憧れる野性味溢れる一着。これぞ男のミリタリーウェアの頂点と言わんばかりの圧倒的な存在感で、今もなお沢山の人を魅了し続けています。今回はそんなフライトジャケットの代表格としても知られるG-1(フライトジャケット)の歴史やデザイン、特徴、コーディネートや着こなしをご紹介していきます。

写真引用元

 

G-1(フライトジャケット)の歴史


1940年、常にライバル関係にあった陸軍のA-2に対抗する様な形でG-1のルーツとなる「M422」を開発。ゴートスキンと襟にムートンをあしらった基本スタイルはこの当時から受け継いでおり、現代のG-1とほぼ変わらぬ姿で登場しました。

写真引用元

 

G-1を冠した初のモデル「SPEC.55J14」が登場するまでの10年間で様々なモデルに切り替わって行きますが、今日では基本を変えずに進化していく海軍フライトジャケットを総称して「G-1」と呼ぶ事が多いです。1976年には一度 採用中止となりG-1は姿を消してしまいますが、パイロット達の強い要望により1984年に復活。再び海軍の翼を象徴するアイテムとして返り咲き、現在に至ります。

写真引用元

 

 

G-1(フライトジャケット)の特徴


G-1は、陸軍航空隊によるA-2の開発と同時期に、海軍航空隊によって開発されました。大まかに分けると1948年から1951年に掛けて製造された「55J14」と、1951年から現在に至るまで支給・使用されている「MIL-J-7823」の2モデルに大別できます。A-2と似ていますが、ゴートスキンとムートン襟を使用した摂氏-10~10度のインターミディエイトゾーンに対応しており、G-1は防寒性に優れています。陸軍航空隊と海軍航空隊、この2つの航空隊は常にライバルとして競い合っていたため、お互い独自に開発したジャケットを採用することになったのです。この2つのアイテムも、航空隊と同様にライバルのような関係と言えるでしょう。

写真引用元

 

「ムートン仕様の襟」

G-1は海軍仕様により、寒冷地でも対応できるように襟がムートン仕様になっています。襟の外側には風よけのためのチンストラップが取り付けてあります。襟を立ててストラップを閉めれば天然ムートンのボアが寒さから首元を守ってくれます。また、襟の後ろにはUSNのステンシルが入っています。

 

「動きやすいアクションプリーツ」

バックスタイルもA-2とは違う大きなポイントです。シンプルなA-2に対し、G-1には機動性を高めるアクションプリーツが備えてあります。これが有ると無いとでは大違いで、普段使いはもちろんの事、バイク等でも肩が疲れません。G-1は狭いコックピットの中でも動きやすいようにアクションプリーツが施されていたんです。

 

「防風ストラップ」

ジッパーからの風をシャットアウトする防風フラップですが、A-2ではジッパーを覆い隠す様に表側にあります。一方、G-1は内側に備えたスタンダードなスタイルですが、みぞおち付近でフラップが途絶えています。街を歩く程度なら関係ないですが、バイクでは風をモロに受けるので注意が必要です。

 

G-1(フライトジャケット)のオススメコーディネート


写真引用元

”トップガン”のトム クルーズがカワサキのGPZ900Rに乗ってG-1を着こなす姿が記憶に新しいです。この映画が公開された時にトムクルーズのあまりのカッコ良さに日本でもこぞってトップガン仕様のG-1が一大ブームとなり、パッチを数多く貼り付けたG-1を着る男性が大勢居ました、この時期はレプリカも数多く存在しフライトジャケットが市民権を得た記念すべき年でした。男の威厳と力強さを表すコーディネート。デニムにホワイトTシャツ。是非シンプルに着こなしてみてください。あなた本来の魅力も相まって素敵な着こなしになることでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. 歴史とディティールから紐解く。本質を知る大人が選ぶお洒落なデニムブラン…

  2. F-2(フィールドジャケット)の歴史と特徴

  3. ファッショニスタ“ETHAN NEWTON(イーサンニュートン)”着こ…

  4. M-65(フィッシュテールパーカー)の歴史と特徴

  5. ファッショニスタ”Roberto Mararo”(ロベルトマラーロ)着…

  6. pittiuomo

    チェスターコートのお洒落な着こなし方【メンズコーディネート】

  7. B-3(フライトジャケット)の歴史と特徴

  8. A-2(デッキジャケット)の歴史と特徴