three dots(スリードッツ)

three dots(スリードッツ)の歴史


three dots(スリードッツ)は1995年、アメリカのロサンゼルスで誕生したカットソーブランドです。創業当時、「フィット感やクオリティで満足のいくTシャツが見つからない」という声から、度重なる試行錯誤の上に誕生したTシャツが始まりでした。抜群のフィット感と最高の着心地にあり、多くのファッションピープルやLAのモデル達がプライベートでも着用しています。

写真引用元

 

three dots(スリードッツ)の特徴


スリードッツのアイコンでもある3つのドットには、pure (シンプルで洗練されていること)、effortless (自然体でいられる気持ちよさ)、luxury (最高の素材からくる上質感) の3つの意味が込められています。この変わらないコンセプトこそが、一度着たら手放せなくなるプレミアムカット&ソーの根幹にあるのです。

写真引用元

 

「ブランドロゴに秘められた思い」

特徴的なブランドロゴには、more to follow(次々と新しいものを提案し続ける)という意味が込められており、また三つのドットにより色の濃淡でサイズ表記も兼ねているのです。

写真引用元

 

「new basic line」

スリードッツのアイテムは形や素材など様々な種類がありますが、中でもブランドを代表するnew basic lineは、上質なコットンの糸を独自の技術で加工し、ピーチスキン(桃の表面)のような肌触りが特徴のサンデッドジャージーと呼ばれる生地を使用しています。あえて表面をサンディング(研磨)し、少し起毛させることで柔らかなスエードのような肌触りを生み出しています。

写真引用元

 

「着心地の追求」

スリードッツは最大の着心地を追求するため、素材はもちろんの事こと縫製にも拘ってアイテムを製作しています。肌に当たる縫い目だからこその丁寧な縫いとシルエットを保つ技術でその最高の着心地が実現しているのです。

写真引用元

 

three dots(スリードッツ)の定番モデル


「James(ジェームス)」

new basic lineのコームドコットンを使用した定番カットソーです。クルーネックTシャツのJames(ジェームス)は、タイトフィットなシルエットながら、とろみのある素材なので余計なしわが出にくく、1枚でもインナーとしても使用できます。

写真引用元

 

「Chris(クリス)」

Chris(クリス)はnew basic lineのヘンリーネックです。ヘンリーネックはスポーティな雰囲気でありながら、ボタンを開けて抜け感を出したり、シャツを羽織ってあえてボタンを重ねてもおしゃれに着こなす事ができます。

写真引用元

 

「Daniel(ダニエル)」

ロングセラーのダブルジップパーカは、長くしなやかな繊維を紡いだコームドコットンを使用した、とても柔らかな肌触りが特徴です。体にフィットする細めのシルエット。Tシャツと同じ素材なので、羽織りアイテムとしてはもちろん、秋冬にはアウターのインナーとしても使いやすいアイテムです。

写真引用元

 

three dots(スリードッツ)の取扱店


three dots(スリードッツ)各店

Barneys New York(バーニーズニューヨーク)

BEAMS(ビームス)

ESTNATION(エストネーション)

伊勢丹新宿

etc…

※取り扱いはシーズンや店舗によって異なる場合がございます。

写真引用元

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. Massimo Alba(マッシモ アルバ)

  2. SARTORIO(サルトリオ)

  3. WOOLRICH(ウールリッチ)

  4. StileLatino(スティレラティーノ)

  5. RESOLUTE(リゾルト)

  6. 08sircus(08サーカス)

  7. S.N.S HERNING(エスエヌエスハーニング)

  8. ザネラート

    ZANELLATO(ザネラート)