lideal(リディアル)

lideal(リディアル)の歴史


lideal(リディアル)は2010年、デザイナーの井出裕之氏よってスタートした、日本のパンツブランド。コンセプトは、「モードなアメリカン カジュアルアイテム」「無機質とは違ったシンプル+αテイスト」をキーワードに、現代の多様なライフスタイルに対応し、高感度のファッションアイテムにコーディネートしやすいデザインを理想としています。

写真引用元

 

井出 裕之


文化服装学院卒業後、国内アパレルメーカーにて子供服から海外ブランドライセンスに携わる。DRIES VAN NOTEN、YVE SAINT-LAURENT、JIL SANDERなど、世界の名だたるハイブランドからオファーを受ける。2004年にはDIOR HOMME の Hedi Slimane に依頼された日本製のジーンズがランウェイに登場しました。

 

 

lideal(リディアル)の特徴


lideal(リディアル)は生地、縫製、加工、シルエットバランスなど細やかなところに丁寧にこだわる日本人の感性を持ち合わせています。海外で活躍している井出氏のようにブランドのクオリティも繊細で目線もワールドワイドなスケールを持ち合わせています。

写真引用元

 

「こなれた印象を醸し出せるパンツ」

パンツ専業としてスタートしたブランドだけあって、パンツのシルエットがすば抜けて美しい。ジャケットを羽織った時に独特の艶っぽさも引き出してくれ、 今を感じさせるスタイルが簡単に作れます。生地や加工などでひとひねり利かせ、長く着ることで愛着が湧く、そんなファッションを提案し続けています。

写真引用元

 

「着る人を通して感じさせる清潔感や清涼感」

lideal(リディアル)の大きな特徴の一つとして、決して服単体ではなく、スタイリングが想定されたデザインにあります。一見分かりづらい部分にさえも“美”を求める日本人的ともいえる感性から生み出されるコレクションは、ベーシックだが無機質でも凡庸でもない。デザイン性を前面に出し過ぎることなく、引くことからもデザインが生まれるのです。

写真引用元

 

lideal(リディアル)の定番モデル


「Planet」

センタークリースが施されたダブル裾のテーパードパンツ。きれいめな見た目ながらも腰帯や袋布、パイピング布に伸縮性を持たせているため、ストレスフリーな穿き心地を実現しています。ジャケパンからビジネスカジュアルなど幅広く履け、さらなる正統感と快適さを追求したカジュアルパンツです。

写真引用元

 

「Party」

細身テーパードの1プリーツモデル。ヒップまわりと渡りがコンパクトになり、ビジネスシーンでも合わせやすいシルエットです。また、帯裏にはマーベルト風ゴムを取り付けているため、腰帯に伸縮性があり、インしたシャツも出てきません。

写真引用元

 

「Peel」

サイドジップと裾にシャーリングを施したスポーツパンツ。ウエスト部分には通気性に優れたゴムを使用しているため、帯部分の肌へのべたつきを軽減。ウエストのドローコードは外で結ぶことも、アイレットを通して中身にしまうことも可能です。

写真引用元

 

「Prism」

タテヨコ糸共に細番手で織り上げている為、光沢感ある上品な表情の10.5オンスのストレッチデニムです。ゴワつきが無くソフトな履き心地が特徴です。ヒップ部分の立体的パターン取りからなるストレスフリーなタイトなナローデニムに仕上がっています。日本人の小さなヒップにフィットするよう立体的にパターンを構築しています。

写真引用元

 

lideal(リディアル)の取扱店


TOMORROWLAND

BARNEYS NEWYORK

EDIFICE

DRAWING NUMBERS

etc…

※取扱はシーズンや店舗によって異なる場合もございます。

写真引用元

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. CHURCH’S(チャーチ)

  2. PENDLETON(ペンドルトン)

  3. HAVERSACK(ハバーサック)

  4. LUIGIBORRELLI(ルイジボレッリ)

  5. NUMBER M(ナンバーエム)

  6. THE GIGI(ジジ)

  7. RENATA ホワイトハウスコックス

    Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)

  8. A.P.C(アーペーセー)