フランコバッシ

FRANCO BASSI(フランコバッシ)

FRANCO BASSI(フランコバッシ)の歴史


BB Cravatte 社は 1972 年にイタリア・コモで FRANCO BASSI によって設立されました。FRANCO BASSI はテキスタイル産業において経験を積んだ後に BB Cravatte 社を立ち上げると、彼の洗練されたコレクションは次第に世界中のショップを魅了していきました。現在、FRANCESCA BASSI はゼネラルマネージャーとして会社運営の舵を取る傍ら、フランコバッシのコレクション作りにも従事しています。

フランコバッシ

写真引用元

 

FRANCO BASSI(フランコバッシ)の特徴


現在のコレクションは、FRANCO BASSI の長男 CESARE BASSI が、父から学んだデザインやカラーリングなどフランコバッシらしさを次世代へと継承しつつ、作り上げられています。シーズン毎のコレクションは 250 以上のデザインから構成されており、その中心はシルクとなりますが、秋冬にはウールやカシミヤ、春夏にはリネンやコットンなど、季節感のある素材も得意としています。二世代にわたる知識・経験に加え、デザインやカラーの多様性がこれまでのフランコバッシを支えているといえます。

フランコバッシ

写真引用元

 

「シルクの生産地“コモ”で作られる至高の一品」

ミラノの北に位置する景勝地でありセレブの保養地としても知られるコモは何よりシルクの生産地として評判です。そんなコモで生まれた フランコバッシは高い企画力とユニークな解釈がテキスタイルを活かす上等な素材と組み合わさり、至高の逸品が生まれています。某大手セレクトショップでも常に高い人気を誇っています。

フランコバッシ 写真引用元

 

「魅力的なジャガード織」

フランコバッシに使われているネクタイの生地は最高品質で、特にシルクのジャカード織のネクタイは低速の織機で作られる生地を採用しています。回転の遅い旧式の低速織機を使うことで、糸の打ち込みがしっかりしたジャカード生地を作ることができるのです。

フランコバッシ

写真引用元

 

FRANCO BASSI(フランコバッシ)の定番モデル


「ジャガード織ネクタイ」

フランコバッシのジャガードはしっかり織りで表現したストイックな仕上がりになっており、立体感と奥行きのある見え方が特徴です。様々な素材をミックスして表情豊かに仕上げているのも魅力です。柄入りの裏布や太めのバータックなど、見えない部分にまでこだわりが感じられます。

フランコバッシ

写真引用元

 

「ワイドストライプネクタイ」

FRANCO BASSI(フランコ バッシ)のストライプはただ単にインパクトがあるだけではなく、しっかり日常的なビジネススタイルに合わせられるところがポイントです。ちょっとしたピッチの幅や生地の組成によって変化する艶感をコントロールしながら、落ち着いた色気を漂わせる雰囲気は洒落者を惹きつける一因です。

フランコバッシ

写真引用元

 

FRANCO BASSI(フランコバッシ)の取扱店


BEAMS

UNITED ARROWS

ESTNATION

BARNEYS NEWYORK

BR ONLINE SHOP

gugi

TOKYO life

※シーズンや店舗によって買い付けが異なる場合がございます。

フランコバッシ

写真引用元

 

 

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. CIRCORO1901(チルコロ)

  2. drew&co

    DREW&CO.(ドリューアンドコー)

  3. johnstons renata

    Johnstons(ジョンストンズ)

  4. イヴサロモン RENATA

    YVES SALOMON(イヴサロモン)

  5. StileLatino(スティレラティーノ)

  6. Borsalino(ボルサリーノ)

  7. CHURCH’S(チャーチ)

  8. ernesto parma

    ernesto(エルネスト)