FLORIS(フローリス )

FLORIS(フローリス )の歴史


FLORIS(フローリス )は1730年にロンドンのジャーミンストリート89番地で理髪店をひらいたジュアン・フローリスが、故郷メノルカ島に溢れる美しい香りを懐かしみ、その記憶をもとに香水をつくり始めました。元々は顧客に向けたビスポークの香水店で、フレグランスとバスアメニティの英国で最も古い小売業者なのです。調香は1989年に工場ができるまでは地下で続けられ、現在でも創立時と同じ89番地に店を構え、時代を超えて愛される香りを創り続けています。

写真引用元

 

FLORIS(フローリス )の特徴


フローリスはつける人を包み込むような気品のある香りが魅力です。細部までのこだわりと、上品さと繊細なエレガントさを持ち合わせ、フローリスファミリーが代々守り続けてきた香りの芸術品。歴代の英国王室から愛され、現在も2つの英国王室御用達許可書を授与されています。オーセンティックであり時代に寄り添ったクリエーションは多くの著名人をも魅了し、数々の逸話を残しています。

写真引用元

 

「信頼の英国王室御用達許可書」

1820年にジョージ4世によって実績が評価され、2代目のジョン・フローリスの際に「英国王室御用達の理髪師および香水商」の称号を与えられました。フローリスの気品ある香りは歴代の国王や女王から愛用され、現在ではエリザベス2世女王陛下とチャールズ皇太子殿下から2つの王室御用達許可書を与えられています。

写真引用元

 

「著名人が物語る歴史」

フローレンス・ナイチンゲールのために調合した「Sweet Smelling Nosegay」に対する直筆のお礼状も残されており、ジャーミンストリート本店やディスプレイ什器などが、英国の歴史的重要文化財に指定されています。さらにマリリン・モンローが来店して複数本を購入したり、007の著者イアン・フレミングが顧客だったなど王室だけでなく各界の著名人の愛用したこともフローレスの歴史なのです。

写真引用元

 

FLORIS(フローリス )の定番モデル


「No.89」

写真引用元

本店住所ジャーミンストリート89番地に由来する、フローリスを代表する英国紳士のための正統フレグランスです。ベルガモット、ラベンダー、ネロリのブレンドがフレッシュシトラスコロンの上質な香りを醸し出しており、スパイシー系とウッディ系の特徴を持っています。ジェームズ・ボンド愛用の香りとしても親しまれています。

 

「JF」

写真引用元

創立者ジュアン・フローリスの名が付けられたフローリスを代表する香りで、フレッシュなベルガモット、ライムなどのシトラスに、クラリセージ、サイプレス、ジュニパーベリーのハーブやスパイスがブレンドされたフローラル系の香水です。都会的な爽快感を感じさせてくれるものであり、現代的な大人の男性を感じさせてくれます。

 

「71/72フォー ターンブル&アッサー」

写真引用元

ジャーミンストリート71/72番地にフラッグショップを構える英国の老舗シャツメーカー「ターンブル&アッサー」とのコラボレーションした香水です。ウッディでアロマティックな香調で、余裕ある男性の印象。ジュニパーやラベンダーのオーセンティックなイメージがかえって新鮮です。

 

FLORIS(フローリス )の取扱店


伊勢丹新宿

阪急メンズ東京

etc・・・

※取扱はシーズンや店舗によって異なる場合もございます。

写真引用元

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. A.P.C(アーペーセー)

  2. JOSHUA ELLIS(ジョシュアエリス)

  3. ORCIVAL(オーシバル)

  4. Norwegian Rain(ノルウェージャンレイン)

  5. LARTISAN PARFUMEUR(ラルチザン パフューム)

  6. SARTORIO(サルトリオ)

  7. John Elliott(ジョン エリオット)

  8. bagutta

    BAGUTTA(バグッタ)

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com