SARTORIO(サルトリオ)

SARTORIO(サルトリオ)の歴史


クラシックスタイルをベースにしながらも、時代に合わせて洗練されたスタイルを提案するSARTORIO(サルトリオ)。ナポリで最大級の工場を持つキートングループ傘下で生産されているSARTORIO(サルトリオ)はヴィンテージファブリックをヒントに、その配色や素材を現代的なものにアレンジすることでモダンかつラグジュアリーなコレクションを展開しています。KITON(キートン)グループの中核を担うブランドでナポリ仕立ての軽快な仕立てには魅了される着道楽も多いブランドです。

 

 

SARTORIO(サルトリオ)の特徴


「ハンドメイドとマシンメイドを融合」

極上の素材にハンドメイドとマシンメイドを融合。着心地を大きく左右する部分、例えば襟付け、にはきちんと手仕事を入れています。また、卓越したアイロンワークにより上襟の吸い付きやラペルの返りといった部分は完璧でため息が出るほど。

 

「クラシックを感じさせるモダンなフォルム」

シルエットは一言で表すならば、クラシックを感じさせるモダンフォルムです。歴史や技術に裏打ちされたモダンな時代感を見事に表現しています。適度な丸みを帯びたジャケットのショルダーラインやフロントカットにナポリらしさを漂わせながら、モダンさを感じさせる辺りが同ブランドの真骨頂です。

 

「ヴィンテージ生地からインスパイアされた新しい雰囲気」

ヴィンテージ生地をヒントに、大柄チェックを配した生地やいまの時代に合ったリラックスした仕立てを取り入れ、ノスタルジックでありながら新しい、一種独特な雰囲気をつくり上げています。クラシックでいてエレガント、男性的で色気もある仕立ては、グループで培われた技術力の賜物です。

 

SARTORIO(サルトリオ)の定番モデル


「MGモデル」

前見頃上部に毛芯の入った“半毛芯”仕立てのMGモデルは、凝った素材の質感や重量感をナチュラルにストレートに感じることが出来るラグジュアリー&コンフォートな美しいジャケットです。

 

「CSモデル」

CSモデルはほどよくタイトでモダン、そしてスタイリッシュ。シャープで直線的なカッティングとナポリスタイルの丸みが融合した、モード感すら匂い立つ無ニのフィットが人気の要因です。 

 

SARTORIO(サルトリオ)の取扱店


STRASBURGO/ストラスブルゴ

TOMORROWLAND/トゥモローランド

ESTNATION/エストネーション

UNITED ARROWS/ユナイテッドアローズ

CINQUE CLASSICO/チンクエクラシコ

guji/グジ

※買付はシーズンによって異なる場合もございます。

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. NOBILE 1942(ノービレ1942)

  2. エンジニアードガーメンツ

    ENGINEERED GARMENTS(エンジニアードガーメンツ)

  3. アスぺジ

    ASPESI(アスペジ)

  4. PENDLETON(ペンドルトン)

  5. BATONER(バトナー)

  6. ザネラート

    ZANELLATO(ザネラート)

  7. ZANONE(ザノーネ)

  8. RENATA

    TAGLIATORE(タリアトーレ)

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com