THE GIGI(ジジ)

THE GIGI(ジジ)の歴史


2014年のAWシーズンよりスタートするTHE GIGI【ザ ジジ】。デザイナーは、100 年を超えた歴史を誇り、伝統的なサルトリアーレの手法を継承し続ける老舗ブランドBOGLIOLI (ボリオリ)の元デザイナーPierluigi Boglioli(ピエルイジ ボリオリ)氏。ブランド名は彼の愛称であるGIGI(ジジ)からなるもの。 『DON”T LOOK BACK』と掲げるブランドポリシーは、常に前向きで、新しい服作りに果敢に挑む精神は THE GIGI全ての洋服のハンガーループに刺繍で印されている。縫製は全てITALIAで行われ 素材は全てエクスクルーシヴで唯一無二の”フィルクーペ”という生地は今後のニュークラシックの定番でなるであろう。独特の素材感、柄を作り出し、着心地の良さが素晴らしく、品質の良さは折り紙つきです。祖の柔らかく膨らみある素材と、THE GIGIのオリジナルパターンで完成するコレクションは今までにない大人の ダンディズムであり、次世代のニュースタンダードになる事でしょう。

 

“Pierluigi Boglioli(ピエルイジ ボリオリ)氏”

写真引用元

 

“BOGLIOLIについて”

http://renata-fashion.com/blandlist/%E3%80%90%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%80%91boglioli%EF%BC%88%E3%83%9C%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%AA%EF%BC%89%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E3%80%81

 

THE GIGI(ジジ)の特徴


「唯一無二の素材」

刺し子

過去には伝説的なモードブランドなどが採用した刺し子のテーラードジャケットは、定番とも言えるストライプ柄に”民俗調のトライバル柄を刺し子で表現”することで今までには見たことのない立体的な表情は、着る本人の気持ちが昂揚するデコラティヴでモダンなデザインは現在でも休みの日のここぞという場面での勝負服として着用する方も多い名作と言われています。

写真引用元

 

ブークレー

ファーストシーズンとなった2014年の秋冬コレクションでは8割以上がオリジナルのファブリックを採用したエクスクルーシヴ素材のジャケットは業界とイタリアンクラシックの往年のファンに大きなインパクトを与えました。中でも革新的だったのはテーラードジャケットで採用しているのはほとんど見かけないレディースのアイテムでトレンドだったブークレー(=巻き毛の意)を採用した立体的なジャケット。

写真引用元

 

ハードブークレー

2016A/W COLLECTIONではファーストシーズンで業界に大きなインパクトを与えた”ブークレー”素材をさらに改良して、あえてブークレーの織りを目が細く編むことで素材の強度が格段に向上した“ハードブークレー”を採用したテーラードジャケットを発表。ブークレーの特徴の凹凸のある立体感は保ちつつも、糸の目が細いのでさらに上品なカラーリングを実現。とても繊細で美しいグラデーションは今までの柄物のジャケットやデコラティヴなジャケットにはないエレガントなデザインは絵画としても比喩されるコレクションとなりました。

写真引用元

 

ブークレー×刺し子

過去のジャケットで幾度となく改良を重ねてきたブークレーのテクニックと刺し子の織りからインスピレーションを受けて、不規則性の高い凹凸感のあるブラックカラーのチェック柄を全体に表現。ベースのダークネイビーと黄色味がかったベージュの生地の上にランダムに編みこまれる事で角度によって様々な表情の変化が楽しめます。さらにそのテクニックに加えて全体にトレンドカラーでもあるテラコッタカラーのステッチを格子状に配することで秋冬のアイテムとは思えない華やかさが全体から滲みでます。

写真引用元

 

フィルクーペ

ブルー地にチェック柄が入っている一見ベーシックな生地に見えますが、柄の部分には同ブランドが得意とするフィルクーペというテクニックを使用しており、立体的な表情を生み出しています。ジャガード織りの裏地を敢えて裁断して毛足を出しフリンジ状にした生地を表地にしたもので、日本ではカットジャガードとも呼ばれています。レディースの高級クチュールなんかでも見られる、特殊かつデザイン性の高い素材です。

写真引用元

 

THE GIGI(ジジ)の定番モデル


“ZIGGY(ジギー)”

こちらの8つ釦掛けのダブルブレストジャケットは、やや細めなピークドラペルを配した短丈仕様。デザイナーであるジジ本人もお気に入りのモデルで、本国では一番のセールスを記録しているジャケットです。”ZIGGY”は、もはやブランドのアイコン的な存在として他にはない唯一無二のアイテムとなっています。

写真引用元

 

“MIRO(ミロ)”

定番のダブルジャケットZIGGYに比べMIROは肩のラインをやや構築的に、着丈を少し短く設定しクセの無い着心地はもちろんのこと、シーンを選ばず対応できるジャケットに仕上がった一着です。

写真引用元

 

“DEGAS(デガス)”

こちらは段返り3つ釦のサイドベンツ仕様で、メンズウェアの歴史に敬意を表した同ブランドのテーラードスタイルを代表するモデルとなっております。構築的な仕立ては着心地の軽さを体現し、柔らかなシルエットはモダンな印象を与えてくれます。同ブランドにおいてベーシックな形のモデルですが、ジジのセンスが垣間見える主軸のジャケットのひとつです。

写真引用元

 

“ANGIE(アンジー)”

こちらのジャケットは、時と場所を問わずブレザーを着るような感覚、いつまでも着たいと思えるほどに着心地を追求した2つ釦のセンターベント仕様。3パッチのポケットはリラックス感のある雰囲気を醸し出しており、”THE GIGI”を代表するモデルとなっています。

写真引用元

 

“ALCOR(アルカー)”

ナローラペルは大ぶりな為、ダンディーでクラシカルな男を演出。しかし古臭さはなく、シェイプされたウエストのくびれはモダンなシルエットへカスタマイズ。まさしく『ザ・ジェントルマン』な装いのコートを、今季一着は押さえておきたいアイテム。

写真引用元

 

“TONGA(トンガ)”

こちらの1プリーツパンツは、腰まわりから渡りにかけて適度にゆったりとしたサイジングで、リラックスして着て頂けるシルエットとなっております。当ブランドの代表的パンツとしてデザイナー自身も着用頻度が高く、カジュアルなスタイルは勿論、ジャケットスタイルにも相性のよいエレガントな仕上がりです。

写真引用元

 

THE GIGI(ジジ)の取扱店


BRSHOP、guji、BEAMS、ESTNATION、伊勢丹メンズ、BARNEYSNEWYORKなどのハイエンドなセレクトショップをはじめとしたお店に取り扱いがございます。各お店ごとによって、仕入れる生地や形も変わりなども変わり、お好みの一着を探して頂けるかと思います。

※シーズンによっては買い付けが無い場合もございます。

写真引用元

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ)

  2. INCOTEX(インコテックス)

  3. ORIAN(オリアン)

  4. renata altea

    Altea(アルテア)

  5. kinloch renata

    Kinloch(キンロック)

  6. JOHN SMEDREY(ジョンスメドレー)

  7. renata Individualized shirts

    Individualized shirts(インディビジュアライズド …

  8. renata mariasantangelo

    Maria Santangelo(マリアサンタンジェロ)