M-41(フィールドジャケット)の歴史と特徴

ファッションアイテムとして定番となりつつあるミリタリージャケットですが、その中でもM-41(フィールドジャケット)はアメリカ陸軍の最初の戦闘服として生まれました。映画「プライベート・ライアン」でミラー大尉(トム・ハンクス)が着用していたモデルです。野戦用として開発されながらも、民間のウィンドブレーカーを参考にしたとも言われ、ファッションとして着用できるのも頷けるディティールです。今回はそんなM-41(フィールドジャケット)の歴史と特徴、コーディネートをご紹介いたします。

写真引用元

 

M-41(フィールドジャケット)の歴史


M-41(フィールドジャケット)の正式名称は「JACKET FIELD O.D」と言います。1930年代初頭からアメリカ陸軍は野戦用ジャケットの開発を進めいくつかの試作品を作っていました。そのスペックと仕様をプロトタイプにして、実際に部隊で運用が始まったのが1939年から1940年頃で1940年の9月に正式に採用が決定されました。大量生産が始まったのが1941年に入ってからなので、一般的にM-41(フィールドジャケット)と呼ばれるようになりました。

写真引用元

 

M-41(フィールドジャケット)の特徴


このM-41(フィールドジャケット)はM-43やM-65というフィールドジャケットの名作と呼ばれるモデルに繋がっていく元祖と呼べるデザインです。しかし表地のコットンポプリンが薄く、アフリカ戦や地中海戦線向けにつくった強度も不足気味だったため、約3年で生産中止となります。戦場での実用性は物足りなかったのかもしれませんが、タウンユースとしては問題なく、むしろディティールとシルエットは現代に通ずる素晴らしさを持ち合わせています。

写真引用元

 

「袖口と裾のアジャスターボタン」

袖口と裾には、幅を調整出来るようにするためアジャスターのボタンが付いている。これは多少の防風性と、サイズ調整によってのシルエットに違いを出す事ができ、気分に応じて変えてみるのも面白い。

 

「名品のTARON(タロン)ジッパー」

ヴィンテージに良く見かけるタロンジッパーが使われている。1940年頃には現在のジップのシステムをほぼ完成させていたメーカーでもあり、完成度の高さは実証されている。そんなジップが使われているM-41は細かい部分まで手を抜かない仕様になっている。

 

「背中のアクションプリーツ」

M-41の背中にはアクションプリーツが入っている。体の動作を楽にしてくれると共に、後ろから見たバックシルエットも男らしく見せてくれる。機能と見た目、双方に気を遣っているからこそファッション性が高いアイテムとして認められているのであろう。

M-41(フィールドジャケット)のオススメコーディネート


アースカラーの同系色でまとめたシンプルなコーディネートです。ハット、インナー、足元を黒で締めることによって全体がミリタリー過ぎずまとまっています。エンジニアド・ガーメンツでもデザインソースとして使用されました。インナーをボーダーにして、デニムを履けばよりカジュアルな印象で着こなす事ができるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. A-1(フライトジャケット)の歴史と特徴

  2. ファッショニスタ”Alessandro Scuarzi”(アレッサンド…

  3. 大人が履くべきイタリアのお洒落なデニムブランド特集

  4. renata ドレスノート

    【時短で学ぶ!着こなしノートvol.16】ダブルブレストジャケットはカ…

  5. ファッショニスタ”高田朋佳(BEAMS/ビームス)”着こな…

  6. ファッショニスタ“鴨志田康人”(ユナイテッドアローズ)着こなし術

  7. ミリタリージャケットの種類とお洒落な着こなし方【メンズコーディネート】…

  8. pittiuomo

    【メンズドレス】2017-18秋冬、生地のトレンドと着こなし