靴磨き

靴磨きの極意、番外編【ハイシャインポリッシュの落とし方、手入れ方法】

靴を綺麗に見せてくれる”ハイシャインポリッシュ”。その輝きは靴好きの最高の娯楽です。第三回靴磨き極意【ハイシャインポリッシュ】はご参考になりましたでしょうか?写真が見えづらくて申し訳ございません・・・。前回はあえて触れませんでしたか、ハイシャインポリッシュはあくまで”ワックス”、定期的に落とさないといけません。今回は、実は難しい「ハイシャインポリッシュの落とし方」をまとめさせていただきました。

 


ポリッシュは定期的に落とすべし!!


ハイシャインしっぱなしだとワックスが表面を覆っているため皮革の通気性が失われたり、ワックスが次第に硬化して最悪ヒビ割れる事もあるので、ある程度様子を見て時々剥がしてあげる必要があります。

引用

 


ハイシャインポリッシュの落とし方の落とし穴


ハイシャインの落とし方には色んな方法があるのですが、ネット上でもよく見かけるのがM.モゥブレィのステインリムーバーという商品を使う方法。私も最初はこのステインリムーバーを使ってハイシャインを落としてました。

引用

 

ただ、このステインリムーバー、「水性」のためか油性であるワックスが融解しにくく、落とすのになかなか時間がかかります。かといって早く落としたいからとステインリムーバーの量を増やしてしまうと、その強力な洗浄力でかえって革を痛めてしまうこともある様です。私もやり過ぎてしまったのか、革の表面が荒れてしまった靴が何足かあります…。かなり強力なので水で薄めて使う方もいるようです。

 


靴の専門家が語る最適な【ハイシャインポリッシュの落とし方】


私が今やっている方法は、某有名靴修理専門店の店員さんに教えてもらった方法。サフィールの乳化性クリーム(青と金のフタのやつ)を使って落とす方法です。

引用

 

ハイシャインの表面に多めに乳化性クリームを塗り、豚毛ブラシでワックスと飛ばすような感じで表面をブラッシングします。最後にクリーナーを使って拭き取ります。乳化性クリームの油分でワックスを溶かし、ブラシで飛ばして、クリーナーで拭き取る…という感じです。

 

クリーナーはステインリムーバーではなく、サフィールのユニバーサルレザーローションがやはり成分的に近いのか落ちやすい気がします。一回で落ちきらなくても同じ手順でもう一度行えば大抵取れると思います。時間もほとんどかかりませんし、リムーバーを何度もかけるわけではないので靴への負担も少なく済みます

引用

 

靴磨き屋さんは乳化性クリームを…とのことでしたが、油性のサフィールノワールクレム1925(角瓶のタイプ)でも同様に落ちる気がします。どうしてもしつこく取れにくい場合のみ、ステインリムーバーを少しだけ使うと良さそうです。

引用

 

靴磨き屋さんによると乳化性クリームは靴と同色のものが望ましいとのこと。ニュートラルならどの靴にもいけそうな気がするんですが、ニュートラルは揮発性が高い傾向があるらしく、アンティーク仕上げなどの靴によっては色落ちの様な現象が起きる場合があるそうです。やはり油には油…というのがセオリーなのです。

 

最後に・・・


ここまでできれば、あなたも靴磨きのプロです。

 

人は知らず知らずのうちに、いつも見ているものや身につけているものに大きな影響を受けています。

行動するのが億劫だ。なんとなくやる気がでない。そんな貴方は足元を確認してみましょう。もしかしたら靴が汚れているのではないでないでしょうか?足元が汚れていては、踏み出す一歩が憂鬱になってしまうのは当然です。

そんな時に効果的なのが靴磨き。いつもと違った綺麗な足元からは、スッキリとした前向きな気持ちが生まれます。人に磨いてもらうことも効果的ですが、より効果を実感したいならば自分の手で磨いてみることをお勧めします。

自分の手を動かして靴をきれいにすることに没頭すると、不思議と心までもがスッキリとすることを体感できる筈です。心が磨かれた状態であれば、前向きなパワーが生まれて来ます。そして次の朝には、また新しい一歩を踏み出してみたくなるのではないでしょうか。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. 何処か懐かしい銀座イタリー亭の魅力

  2. 靴紐

    【今更聞けない】靴紐の種類、解けにくい結び方。靴には靴に合った結び方…

  3. 高級水洗いクリーニングのナチュラルクリーンについて

  4. サムライ

    私が着こなしの参考にしたお洒落な映画「le samourai(サムライ…

  5. cordovan

    【靴磨きの極意】コードバンの革靴の正しい手入れ方法

  6. フォーミュラリー55

    男もボディケアをする時代!?FORMULARY55(フォーミュラリー)…

  7. 元販売員が語るデニムのサイズ選びとお直しで失敗しない方法

  8. renata deptyque

    女性を落とす安らぎの香り。モテる男の必需品「DIPTYQUE(ディプテ…