shoes care

靴磨きの極意【長く大切に履くために〜靴修理のタイミング〜】

過去三回の記事で一通りの靴磨きの流れが分かったかと思います。靴磨きも勿論大切ですが、長く履いていればソールに穴が開いてしまったり、つま先が減ってきてしまったりと履いていく上で致し方ない事ってありますよね。そんな時、ちゃんと修理をしていますか?中には安い靴だからそのまま捨てて新しい靴を買っている人もいるかもしれませんが、そんなコストパフォーマンスの悪い事はないですよね。服飾評論家の落合正勝さんがこんな事を言っていました。「3万円の靴を三度見送り、9万円の靴を購入することはダンディになるための賢い方法である。」確かに、3万円の靴を買っても、結局すぐに革がヘタリ、型が崩れ、みずぼらしい靴になってしまいます。買う時は高く感じるかもしれませんが、10万円以上する高級靴は長い目でみると決して高い金額ではないですよね。当然革質、作りが良いため、安い靴の3倍以上は長く履けます。さて、少し長くなってしまいましたが、今回の第四回は大切な靴を長く履くためのメンテナンス「靴修理」について、ご紹介していこうと思います。

 

過去の記事はコチラから⇩

第一回靴磨きの極意【まずはこのアイテムを揃えるべし】

第二回靴磨きの極意【綺麗に磨くコツとは】

第三回靴磨きの極意【ハイシャインポリッシュ】

 


1,ヴィンテージスチールはつけるべき!?


写真引用元

高級靴を買う際、店員さんに「ヴィンテージスチール」はおつけしますか?と聞かれた事はありませんでしたか?新品の靴を履く際、返りが出来ていなく、殆どの方がトゥ先が擦れ、すぐ削れてしまっているケースが多々あります。

写真引用元

オールソールはまだまだしなくて良いのに、先にトゥ先補修をして、やっぱりスチールやラバーを。って貼っていたら、追加料金もかかり、預けたりする手間もかかります。見た目の格好良さだけでなく、すごく機能的なので、新しく靴を購入した際は、是非履きおろす前にヴィンテージスチールを取り付けするのをオススメ致します。

 


2,ラバーソールはあり!?なし!?


写真引用元

写真引用元

ラバーソールを貼る事に関しては、個人の好き嫌いがあるかと思います。耐久性や履きやすさがある一方、ドレスシューズに貼ると、正直かっこいいとは言えない。

そもそも、ラバーソールを貼るメリットとは。

✔️レザーソールに比べると、ソールが柔らかい+クッション性がある為、歩きやすい。

✔️水を通しにくい+足元が滑らない為、雨の日に履ける 。

✔️レザーソールと違い、ソールが痛まない為、耐久性がある。

などが主に挙げられます。逆にデメリットは。

✔️ドレスシューズに合わせると、見た目が格好良くない。

です。賛否両論あるかと思いますが、結論ドレスシューズにはラバーはオススメしません。折角の凜とした佇まいのドレスシューズ。イメージを壊さず、格好良く履いて頂きたいですね。(勿論、外羽根のダービーシューズや、ブーツなどには格好良く、実用的なので、使い分けて頂くのがベストです。)

 


3,オールソールはどのタイミングですれば良い!?


写真引用元

私がショップ店員をしていた頃、この質問を頂くことが良くありました。オールソールをする時に、目安となるタイミングは、ソール(底)を指で押した時に、レザーが柔らかくなっているかどうか。「押した際に、少し力を入れると穴が開いてしまうのではないか?」というぐらいのタイミングにオールソールの張り替えをオススメします。(分かりづらいニュアンスで表現してしまい、すみません。笑)

 ※ヒールだけすり減ってしまったら?

写真引用元

その場合は、上の写真のようにラスター(ヒール)だけの交換が出来ます。

写真引用元

タイミングは、このように革とゴムが組み合わさっている箇所で、ゴムの部分が無くなったタイミングがベストです。(革の部分まで減ってしまうと、革補修もしないといけなくなり、料金も高くなります。)

 


4,オススメの靴修理業者「ユニオンワークス」


写真引用元

数多くの靴修理業者が存在しますが、中には決して仕上がりが上手いとは言えない、業者は少なくないはず。私も経験がありますが、折角綺麗に靴を蘇らせるはずが、何か逆に傷を付けられて返された。みたいな気持ちになった事があります。(中には、新品の靴をヴィンテージスチールした際に、隙間も空いてるわ、斜めに曲がってるわ、なんて事もありました。泣)

そこで私がいつもシューズリペアをお願いしているのが「ユニオンワークス」です。

ユニオンワークスとは。
創業21年で、現在都内に4店舗を構えるシューズリペアショップ。丁寧な仕事ぶりと真摯な対応が評判を呼び、靴好きの人が通うお店としても知られています。私も何度もシューズリペアをお願いした事がありますが、 ユニオンワークスなら安心して任せられるというイメージがあります。

創業者の中川一康氏

写真引用元

やはり、大事なシューズは高い技術力のあるリペア業者にお願いするのが一番です。どんなに安くできる業者があっても、仕上がりが汚いと台無しになってしまいます。ユニオンワークスは靴だけでなく、鞄や革小物のリペアも承っていますので、今お使いのものでリペアの悩みがあれば、是非ご相談してみてはいかがでしょうか。

 


最後に…


いかがでしたでしょうか。いくら高価なブランド靴を買っても、手入れやメンテナンスをしなければ、ボロボロになる一方で決してかっこいいとは思えません。長く大切に履き続ける為には、ケアを怠らず、修理箇所が出てしまったら、放置せずに直せる限りで直すことが大切です。そうすると自ずと靴に愛着が湧き、長く大切に履く事ができます。私はそのきっかけを作ってくれた靴が「EDWARD GREEN」でした。傷がついても、急な雨でびしょびしょになっても、その都度しっかりとケアをして、今となっては最高の履き心地と愛着たっぷりの靴になりました。是非、皆様も大切な靴を長く大切に履けるよう、しっかりケアを行いましょう。さて、次回は番外編◯◯をご紹介致します。どうぞ、お楽しみに下さい。

shoes care

写真引用元

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. 元販売員が語るデニムのサイズ選びとお直しで失敗しない方法

  2. サムライ

    私が着こなしの参考にしたお洒落な映画「le samourai(サムライ…

  3. 靴磨き

    靴磨きの極意、番外編【ハイシャインポリッシュの落とし方、手入れ方法】

  4. 葉巻

    知っているようで知らない葉巻の世界

  5. 靴磨き

    靴磨きの極意【ハイシャインポリッシュ】

  6. 靴紐

    【今更聞けない】靴紐の種類、解けにくい結び方。靴には靴に合った結び方…

  7. 銀座の名店”すきやばし次郎”の魅力

  8. 忙しいビジネスマン必見!!東京駅で食べられる贅沢な朝食とは。