Pierre-Louis Mascia(ピエール=ルイ・マシア)

Pierre-Louis Mascia(ピエール=ルイ・マシア)の歴史


Pierre-Louis Mascia(ピエール=ルイ・マシア)は、2007年にシルクスカーフのリーディングカンパニーである、イタリアのアキ-レピント社とのパートナーシップによってスタートしました。イラストレーターとして活躍する、フランス人デザイナーのピエール=ルイ・マシア氏による、プリントスカーフを中心としたファッションブランドです。

写真引用元

 

Pierre-Louis Mascia(ピエール=ルイ・マシア)


パリの美術学校l’Ecole des Beaux-Arts(エコール・デ・ボザール)に入学し、その後、伝統手工芸の和紙制作を学ぶために日本に渡るなどして、独自のアプローチでアートを表現してきました。インテリアやインダストリアルデザインを手掛け、VOGUE誌、ELLE誌をはじめとする各国のファッション誌でイラストレーターとしても活躍。

 

Pierre-Louis Mascia(ピエール=ルイ・マシア)の特徴


1900年代初頭の中央ヨーロッパにおける文化や華やかなアート、当時その地域を旅していたアーティスト達からインスピレーションを得てモチーフや素材をコラージュした独創的なパターンが特徴です。「アーバン」、「活発」、「ポエティック」、「タイムレス」の4つのブランドDNAから多くの作品が生まれます。HERNOやFelisiとコラボレーションも実現しています。

写真引用元

 

「着心地の良いラグジュアリー」

レーザープリンティングの最新技術やナイロンのような革新的素材も取り入れ、複雑なパターンの製品化は、1933年創業の伝統と最新技術を併せ持つアキーレピント社が担っています。ピエール=ルイ・マシアの幻想的でラグジュアリーなパターンが描き出された製品は、まるで絵画作品のような美しさ、魅力を備えています。

写真引用元

 

「アートとは、多様な分野のミックスである」

ピエール=ルイ・マシア氏が本能的に感じていたことでもある。さらに、インスピレーションとは、わざわざ外に出て探しに行くものではなく自己の内側にあり、心の中に培ってきたものなんだと気づいた。人間の優しい感情や想いなどが大切だと思うとも語っています。ファッションにとらわれず何をどう感じて、それを人々とどう分け合っていくかという思いが表現の根底にあり、自由に感じ、それを表現する事が大事だと言う。

写真引用元

 

Pierre-Louis Mascia(ピエール=ルイ・マシア)の取扱店


BEAMS

ESTNATION

UNITED ARROWS

STRASBURGO

阪急メンズ東京

伊勢丹新宿店等

※取扱はシーズンや店舗によって異なる場合がございます。

像引用元

 

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ)

  2. ENZOBONAFE(エンツォボナフェ)

  3. フランコバッシ

    FRANCO BASSI(フランコバッシ)

  4. UPPER HIGHTS(アッパーハイツ)

  5. Hevò(イーヴォ) RENATA

    Hevò(イーヴォ)

  6. イルミーチョ

    IL MICIO(イルミーチョ)

  7. SARTORIO(サルトリオ)

  8. STONEISLAND(ストーンアイランド)