johnstons renata

Johnstons(ジョンストンズ)

Johnstons(ジョンストンズ)の歴史


Johnstons(ジョンストンズ)は 1797 年、スコットランド北東部のエルガンで創業した老舗ニットブランド。200年以上にわたってジョンストンズ家とハリソン家のファミリーが経営携わってきました。創業当時からウールを中心とした手織ビジネスを展開しており、1840年代にはジョンストンズの代表的なエステードツイードとして知られるデザインを創作しました。このエステードツイードは、本来スコットランドの厳しい天候に耐える為、重い生地でのみ作られていましたが、より一般的な用途にも広める為に軽い生地でアイテムを作られるようになります。そして1970年代には、カシミヤニット生産で有名なホーイックにも自社工場を持つようになり、高品質のアイテムを数々と生み出し、英国国内の大手インターナショナルブランドのみならず、世界の大手高級メゾン、トップデザイナー…などサプライヤーとしての地位を確立し、本物の価値が分かる人達から高い評価と支持をされてきました。

johnstons renata

写真引用元

 

『最高のもののみが全て』

ジョンストンズ・オブ・エルガンは、この経営理念に基づき全ての工程に熟練の技術と信頼のおける品質を持って操業しています。それは、操業して200年経った今でも総勢750人を越える熟練スタッフにも受け継がれており、厳選された原料の選別、操業当時から活躍し続けているカーディング機やアザミ起毛といった伝統的な工程、小ロット生産にも対応できる新しい染色機など、世界各国に抱える様々な顧客の為にクオリティーと価格バランスの取れた商品の供給にジョンストンズは日々努力と研究を続けています。

johnstons renata

写真引用元

 

Johnstons(ジョンストンズ)の特徴


“英国国内唯一の一貫生産するファクトリーブランド”

ジョンストンズの強みの一つが、原毛から染色、防積、ウィービング、ニッティング…など原毛から製品になるまで約30もの異なった工程全てを自社で手掛けることができる事です。そうする事で、生産管理を整える事ができ品質の向上に繋がっているのです。ビキューナやカシミヤ、キャメルヘアー、メリノウール、ラムズウールなどの高級素材を使ったクオリティーの高い生産が出来るのも納得です。また、現存するタータンチェックやツイードは、ジョンストンズが開発したものが多いのです。

johnstons renata

写真引用元

 

“染色方法は主に「トップダイ」”

染色にはトップダイド(原毛を染める)、ヤーンダイド(糸を染める)、ガーメントダイド(製品を染める)の3種類がありますが、ジョンストンズ社では主に原毛を染める「トップ・ダイド」という染色法を行っています。このトップダイというのは、「糸にする前の段階で染める」事を意味しており、こうする事で染色の丈夫さである染色堅牢度が高くなり色落ちがしにくくなるのが特徴です。過去には、コケ類や海藻などの自然物質を使っての染色を主にしていたとされており、異なる原毛の特性に合わせて染色方法も変えていた事から、一つ一つの工程に徹底した拘りを感じる事が出来ます。このような染色だけでなく、高価で特別な糸を使用し熟練のスタッフから丁寧に編まれて出来た、柔らかい肌触りと着心地こそがジョンストンズの魅力でしょう。

johnstons renata

写真引用元

 

“英国王室御用達ブランド”

英国ブランドであれば一種のステータスである英国王室御用達の証“ロイヤル・ワラント”をジョンストンズ社もチャールズ皇太子によって認定されています。古くから英国貴族達に愛されてきた事を考えると当然かもしれませんが、この高品質の証である事が世界にも広まり、さらに知名度が上がり愛されるブランドとなりました。

johnstons renata

写真引用元

 

Johnstons(ジョンストンズ)のオススメアイテム


“カシミアストール”

johnstons renata

写真引用元

ジョンストンズで代表的なアイテムと言えば、カシミア素材を用いたストールは欠かせません。白と黒のモノトーンのブロックチェック柄は、シンプルな装いにも華やかさをプラスしてくれます。冬の寒い時期には、上品な光沢を放つカシミアでリッチ感と温かさを味わえる事が出来る逸品です。

 

“カシミアマフラー”

johnstons renata

写真引用元

ジョンストンズと言えば、トラディショナルな雰囲気漂う英国柄も忘れてはいけません。こちらのイギリスの伝統的なチェック柄は、様々なスタイルに取り入れやすいのも特徴です。また、ユニセックスでお使い頂けるのも嬉しいポイントです。

 

“大判ストール”

johnstons renata

写真引用元

ギフトとしても人気を誇るジョンストンズですが、こんな大判のストールはいかがでしょうか。首に巻くだけでなく、肌寒い時にカーディガン代わりとしても重宝するアイテムです。また、女性にひざ掛けとして貸してあげるのも紳士的な行動に女性もグッと心を奪われるでしょう。

 

“ニット帽”

johnstons renata

写真引用元

ニット帽でも、素材に拘るのは流石ジョンストンズ。こちらのニット帽もカシミア100%を使用する事で、寒い冬も暖かさを保つ事が出来ます。華美なデザインはなく、素材に拘ったシンプルな作りも飽きが来ず長く愛用する事が出来ます。その他、ニットのグローブなども展開している為、女性にギフトとしてプレゼントするのもオススメです。

 

Johnstons(ジョンストンズ)の取扱店舗


日本の正規代理店は株式会社リーミルズエージェンシー。

BEAMS(ビームス)

BRSHOP(ビーアールショップ)

CINQUE CLASSICO(チンクエクラシコ)

DRESSTERIOR(ドレステリア)

ESTNATION(エストネーション)

guji(グジ)

ring(リング)

luccicare(ルッチカーレ)

Ron Herman(ロンハーマン)

SHIPS(シップス)

UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)

VULCANIZE London(ヴァルカナイズ・ロンドン)

etc…

※シーズンによって買い付けが変わる場合もございます。

johnstons renata

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. renata

    De Petrillo(デ・ペトリロ)

  2. HERNO(ヘルノ)

  3. HYKE(ハイク)

  4. ギローバー

    GUY ROVER(ギローバー)

  5. renata mariasantangelo

    Maria Santangelo(マリアサンタンジェロ)

  6. kinloch renata

    Kinloch(キンロック)

  7. アンユーズド

    UNUSED(アンユーズド)

  8. mungai

    MUNGAI(ムンガイ)