drew&co

DREW&CO.(ドリューアンドコー)


DREW&CO.(ドリューアンドコー)の歴史


“Andrea Andreoli(アンドレア・アンドレオリ)”氏が2014AWより「古典的で洗練されたスタイル」をテーマに掲げてスタートしたイタリアの新鋭ニットブランド。

“Andrea Andreoli(アンドレア・アンドレオリ)”氏とは…

イタリア・モデナ生まれ。イタリアでも屈指のファッショニスタとして知られており、幼少期から母親が経営するニット製造会社でニットの“いろは”を学び、学生時代にはLAに留学をしヴィンテージ物の研究や没頭にするほど、ファッションに対する情熱が強い。リバイバルプロジェクトやMcRitchie(マックリッチ)などのニット開発に携わり、2011年にはイタリアの大人気ブランド「LARDINI(ラルディーニ)」のニットプログラムのデザインを手掛けるコンサルタントを務めるなど、ニットのプロフェッショナル。

drew&co

写真引用元

 


DREW&CO.(ドリューアンドコー)の特徴


“1950〜70年代アメリカンヴィンテージ”

デザイナーのアンドレア氏の原点でもあるアメリカンヴィンテージ。LAに留学していた大学時代に、1950〜70年代のヴィンテージ物を収集しては研究するなどして、ヴィンテージの奥深さを知り、自身のルーツにもなっているという。それは、DREW&CO.のファーストコレクションであったカレッジテイストのデザインなどで見受けられていた。

 

drew&co

写真引用元

ヴィンテージ感を仄かに醸し出すワッフル編みのタートルニット。バランスの良い可愛さや甘さ加減が絶妙の一着。

 

“身体のラインを綺麗に見せるイタリアンフィット”

デザイナーのアンドレア氏自らが理想と語る、「イタリアを原型に生地の質感はブリティッシュ」。そして自分の最も影響を受けたアメリカンヴィンテージからインスパイアされたデザインエッセンスがDREW&CO.の最大の特徴とも言えます。このイタリアを原型にというのは、身体のラインを綺麗に見せ、着心地の良さを体現出来るイタリアンフィットのことを指します。

drew&co

写真引用元

動きやすさを確保する程よいゆとりと、スタイリッシュに見えるタイトフィットのバランスが秀逸なパターン。ノンストレスで窮屈さを感じさせない着心地が特徴。

 

“質に拘る姿勢”

DREW&CO.は作りにも拘りを感じます。まず、商品を作る上で重要な素材選びは、糸からしっかりと厳選した上質な物をハンドメイドにこだわってイタリアの工場で編んでいきます。そんな伝統的な手法を継承しながら、魅力的なニットを追求しています。

drew&co

写真引用元

大量生産のような量産に比重を置くのではなく、絶対的に質に拘るという姿勢を貫くアンドレア氏。「エレガント、スポーティー、リラックス」などを上手く融合させて出来上がるニットは他には見られない。

 


DREW&CO.(ドリューアンドコー)のオススメアイテム


“ニットガウン”

drew&co

写真引用元

コート感覚やカーディガン感覚でサラッと羽織れるニットガウン。このケーブル編みのニットガウンはデザイナーのアンドレア氏がPITTI UOMOで着こなしていましたが、スーツの上からサラッと羽織ってリラックスした雰囲気を出すのもオススメです。

drew&co

写真引用元

アメリカンヴィンテージを彷彿させるネイティブ柄のニットガウン。シェットランドウールを使用したジャージ編みとネイティブ柄の素朴な素材が見事にマッチングした逸品。色数を絞りシンプルに纏めるコーディネートがオススメです。

drew&co

写真引用元

近年巷で良く見かけるニットガウンですが、火付け役となったのは、恐らくDREW&CO.でしょう。リラックス感と程よいリッチ感が休日スタイルを格上げしてくれます。

 


DREW&CO.(ドリューアンドコー)の取扱店舗


BEAMSやBRSHOPを始め、ring、guji、GLORYGUY、Cinqessentiel、SHIPS、JOURNAL STANDARDなどのセレクトショップに展開がございます。また、ZOZOTOWNやTOKYOlifeなどのECサイトでも購入する事が出来ます。

※シーズンによって買い付けが変わる場合もございます。

drew&co

写真引用元

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. fedeli

    FEDELI(フェデーリ)

  2. renata

    De Petrillo(デ・ペトリロ)

  3. ernesto parma

    ernesto(エルネスト)

  4. フランコバッシ

    FRANCO BASSI(フランコバッシ)

  5. SAINT JAMES(セントジェームス)

  6. THE GIGI(ジジ)

  7. UPPER HIGHTS(アッパーハイツ)

  8. kinloch renata

    Kinloch(キンロック)