paraboot

PARABOOT(パラブーツ)

PARABOOT(パラブーツ)の歴史


1908年、フランス・ヴォアロン地方の靴職人“レミー・リシャール・ポンヴェール”が開いた小さな靴工房から始まりました。創業当はファッション性の高い靴というよりは、履き心地や丈夫さに趣を置いた実用性の高い靴を手掛けていました。しばらくした1927年、PARABOOTという名前が生まれた出来事が起きます。それは、創業者のレミー氏が滞在先のアメリカで入手した1足のラバーで覆われたブーツにインスピレーションを受けて、ブラジルのパラ(PARA)港から直輸入されていた天然ラテックスを底材に使用した靴を着想し、その輸出港の名をとった「PARABOOT(パラブーツ)」というブランドを付けたのです。そして、そのパラゴムを原料に独自のゴム合成法を開発し、特許を取得。こうして、自社でラバーソールを製造する、世界で唯一のシューズメーカーが誕生しました。

創業者の“レミー・リシャール・ポンヴェール”氏

paraboot

写真引用元

 

“PARABOOTの工場”

paraboot

写真引用元

 

PARABOOT(パラブーツ)の特徴


PARABOOTの特徴は、何と言っても全ての工程をフランス国内で行うMade in Franceという事だろう。フランスのイゾーとヒューレにファクトリーを所有しており、ラバーソールやノルヴェイジャン製法、グッドイヤー製法、コーズ・ブラク製法、ヴァルカナイズ製法…といった様々なタイプに適した製法の靴を生産している。また、一足に150以上の工程を経て完成されるシューズは、年間35万足もの靴を200人もの熟練した職人たちによって作られており、他ブランドでも、ソールまでを自社工場で一貫して作るのは他ではなく、唯一無二のブランド価値を示している。そう、パラブーツこそフレンチシューズを象徴するブランドといって過言ではない。

 

「拘りのオリジナルソール」

“PARATEX(パラテックス)ソール”

paraboot

写真引用元

PARABOOTの代表作であるCHAMBORD(シャンボード)に使われているソールがこの“PARATEX”。100%天然ラバーを使用しており、抜群のグリップ力が特徴で、コルクとアウトソールの間にわずかな隙間を作り、空気を蓄える構造になっている為、優れた保温性とクッション性を実現している。ソールに書かれた「PR」のロゴは、社名である“RICHARD PONTVENT(リーシャル・ポンヴェール)”の頭文字を取ったもの。

 

“MARCHEⅡ(マルシェ2)ソール”

paraboot

写真引用元

PARABOOTの原点とも言えるソールの“MARCHE”。チロリアンシューズのMICHAEL(ミカエル)やMORZINE(モジーン)に採用されており、ヒールと一体化になっており、分厚く、内部がハニカム構造となっているのが特徴的。PARA-TEXソールと同様で、高いクッション性を誇り、足で踏み込んだ際、力が外側に向かって分散されるように計算されたパターンとなっている。

 

“GRIFFⅡ(グリフ2)ソール”

paraboot

写真引用元

AVIGNON(アヴィニョン)などPARABOOTの中ではドレス寄りのモデルに採用されるシールの“GRIFF”。他のソールに比べても、薄くクッション性があまりないのが特徴。ボリューム感を抑えたシルエットは、ビジネスシーンでもカジュアルでも履きやすいのがメリットだ。

 

“ACTIV(アクティブ)ソール”

paraboot

写真引用元

上記のGRIFF同様にソールが少し薄くSERIGNAN(セリニャン)などのドレス寄りに用いられる事が多いスマートな見た目の“ACTIV”。PARABOOTの中でも一番の薄さを誇るソールであり、ヒールソールの中間にはレザーソールを積み込んでいて、ドレッシーな仕上がりに。ソールの厚みはないが、クッション性が備わっており、歩きやすいのも特徴的だ。

 

PARABOOT(パラブーツ)の定番モデル


“CHAMBORD(シャンボード)”

paraboot chambord

写真引用元

PARABOOTを代表するゴルフタイプのUチップモデルであり、世界で一番売れているロングセラー商品“CHAMBORD(シャンボード)”。撥水性が高く、上質な素材をアッパーに用いる事により、経年変化を楽しみながら長く着用することが出来る。また、登山靴で採用される伝統的のノルヴェイジャン製法の他、オリジナルのラバーソールを採用し、クッション性に優れている、擦り減りにくい、滑りにくいなど実用性、堅牢性と防水性などを幾つも兼ね備えている。カジュアルな着こなしから、ジャケパンスタイルにも合わせられる使い勝手の良さも人気の一つだろう。

 

“MICHAEL(ミカエル)”

paraboot michael

写真引用元

PARABOOT創業者の孫であり現会長の名前をモデル名に採用した“MICHAEL(ミカエル)”。元々HERMES(エルメス)がPARABOOTへ特注したのが始まりだったという。MICHAELと言えば、アッパーにファーを取り入れたスタイルのイメージが強く、ラビットや(アザラシ)などを使用している。チロリアンシューズで無骨な印象も兼ね備えているのだが、アウトドアスタイルだけでなくタウンユースとしてもしっかり使えるのが魅力的だ。

 

“WILLIAM(ウィリアム)”

paraboot william

写真引用元

1990年代、JOHN LOBB(ジョン・ロブ)がコテージライン(カジュアルコレクション)を展開していた時にOEM生産として請け負っていたのが、PARABOOT。その時に展開していたJOHN LOBBのダブルモンクシューズ“WILLIAM”を復刻して作られたのがこちらのモデル。定番のリスレザーの他、写真のグレインレザーでも上品な佇まいは変わらず、カジュアルからドレスと汎用性抜群の一足。

 

“REIMS(ランス)”

paraboot reims

写真引用元

上記でご紹介したチロリアンシューズMICHAEL(ミカエル)のローファータイプである“REIMS”。ローファーのソールとは思えないボリューム感が特徴的で、80年代に製造を開始し、本来は登山靴に使われていた製法で製造されている。他とは一線を画すヘビーテイストのローファーは珍しく、フレンチスタイルのローファーとして、世界中で広く認知されているモデル。

 

 

“BARTH(バース)”

paraboot barth

写真引用元

フランス海軍のオフィシャルモデルとしても名高い、PARABOOTのデッキシューズ“BARTH”。油分を多く含んだレザーは撥水性が高く、雨水や海水に濡れた後や太陽光などで急激に乾燥しても、ヒビ割れや変形を起こさない丈夫で上質な革を使用している。夏のマリンスタイルの定番であり、フランスブランドならではのフレンチ・マリン をバックボーンに、「デッキシューズの代名詞」 というポジションを築いた名品。

 

PARABOOT(パラブーツ)の取扱店舗


PARABOOT(パラブーツ)青山店

住所 : 〒107-0062 東京都港区南青山6-12-3

電話番号 : 03-5766-6688

営業時間 : 11:00〜20:00

定休日 : 不定休

 

PARABOOT(パラブーツ)大阪店

住所 : 〒542-0081 大阪市中央区南船場4-6-15

電話番号 : 06-6251-1125

営業時間 : 11:00〜20:00

定休日 : 水曜日

 

PARABOOT(パラブーツ)銀座店

住所 : 〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-1

電話番号 : 03-3289-1601

営業時間 : 10:30〜20:30

定休日 : GINZA SIXに準ずる

 

PARABOOT(パラブーツ)札幌店

住所 : 〒060-0062 北海道札幌市中央区南2条西3‐12‐2 トミイビル No.37 1Fパラブーツ札幌店

電話番号 : 011-219-0451

サイト : boq.jp

 

その他、伊勢丹メンズ館や横浜タカシマヤ、松屋銀座、玉川高島屋本館などの百貨店をはじめ、ESTNATION、BARNEYSNEWYORK、BEAMS、UNITED ARROWS、STRASBURGOなどのセレクトショップにも多数お取り扱いがあります。お店ごとによって別注商品もございますので、お好みの一足が見つかるかと思います。

※シーズンによって買い付けが変わる場合もございます。

paraboot

写真引用元

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. grenfell

    GRENFELL(グレンフェル)

  2. ORIAN(オリアン)

  3. kinloch renata

    Kinloch(キンロック)

  4. GBS TROUSERS

    GBS TROUSERS(ジービーエス トラウザーズ)

  5. renata

    De Petrillo(デ・ペトリロ)

  6. 08sircus(08サーカス)

  7. エンジニアードガーメンツ

    ENGINEERED GARMENTS(エンジニアードガーメンツ)

  8. HYKE(ハイク)