FRAY(フライ)


FRAY(フライ)の歴史


FRAY(フライ)は1962年に、イタリア北部のボローニャにて創業したシャツブランド。スイス人の祖母をもつ“ルチア・パシン・ランディ女史”(創業者であり、現在の社長)が、祖母のレース工場を継ぐ形で始めたこともあり、布帛の扱いは繊細でエレガントと評判を呼び、最高級のシャツと謳われるようになりました。また、クラシコイタリアにも協会所属していることもあり、イタリアシャツを牽引するカミチェリア。

写真引用元

 


FRAY(フライ)の特徴


『既製品最高峰と称されるFRAY(フライ)のシャツとは?』

写真引用元

 

“最高級生地”

写真引用元

FRAYの一番の魅力は、何と言ってもその厳選されたファブリックでしょう。生地の宝石とも呼ばれるイタリア“CARLO RIVA社”のエクスクルーシブファブリックや同じくイタリア“BONFANTI(ボンファンティ)社”など、仕入れるのは、最高級と謳われるものばかりでFRAYが扱う生地は他者とは比べものにならないほど別格。その為、繊細でエレガントな生地は、しなやかさな肌触り、上品な光沢が際立っており、「見てわかる素材の良さ、着て感じる素材の良さ」を体感して頂けるはずです。

 

“手縫いに劣らないマシンメイド”

写真引用元

よく手縫いは良い。と聞きますが、それが絶対に正しいとは限りません。FRAYのシャツと他者のシャツを比べて違いが分かるのが、ミシン幅。1cmに約10ものステッチを正確に入れる、卓越した技術は洗礼された雰囲気で上品な印象を漂わせます。また、エレガントに見えるだけではなく、ピッチの間隔が細ければその分耐久性が生まれ、長くお召し頂けるようにもなります。

 

“優れたカッティング”

写真引用元

FRAYはカッティングの良さに定評があります。カッティングとはパターンメイクと合わせてシャツの生命線とも言われる部分であり、生地や柄の特性に合わせて、一つ一つ手作業によって各パーツを正確に裁断致します。これにより、極上の着心地と美しいシルエットが生み出されています。

 


FRAY(フライ)のモデル(襟型)


“OXFORD(オックスフォード)”

写真引用元

セミワイドカラーで汎用性の高い「OXFORD」の襟型は、ネクタイを締めた時のバランスが非常に綺麗。

 

“PARIGI(パリージ)”

写真引用元

とにかく襟の大きさ・開き方、襟腰の高さのバランスが秀逸。ボタンを開けた際に、襟が綺麗に開くのも特徴の一つ。

 

“MIAMI(マイアミ)”

写真引用元

ワンピースカラーのボタンダウン。第一ボタンがなく胸からネックにかけて繋がるラインと美しい襟のロールが、ボタンダウンでありながら、上品さを残し大人の雰囲気を醸し出します。

 

“PIN HOLE COLLAR(ピンホールカラー)”

写真引用元

Vゾーンがより立体的に見え、クラシックな印象を漂わせるピンホールカラー。他にもタブカラーなども既製品で展開してあり、時代に合わせたトレンドを上手く押さえている。

 


FRAY(フライ)のパターンオーダー


1.“ハイクオリティな生地を豊富に取り揃える”

写真引用元

オーダーであれば、生地を豊富に取り揃えることは普通の事ですが、FRAYのオーダーともなると、既製品では中々お目にかかれない200〜300といった高番手生地を取り揃えているのが特徴。さらには、プリントのシルク生地やフランネル生地もあり、オーダーならではの一着がお作り頂けます。

 

2.“カフスのバリエーション”

写真引用元

意外に拘る方が少ないカフスですが、ジャケットの袖からチラッと覗くカフスの色気はなんとも言えません。「ラウンドカフス、角落とし、直角カフス、ダブルカフス(ラウンド、スクエア)、ターンナップ、2Bカフス…」など様々なバリエーションをサンプルで持っており、オーダー時には迷ってしまうかもしれません。

 

3.“5段階に分かれる芯地の硬さ”

写真引用元

芯地の硬さというのは着心地に影響を受けやすい大事な箇所。FRAYでは、「Rigido(硬め)、SemiRigido(やや硬め)、SemiMorbido(普通)、Morbido(やや柔らかめ)、Morbidissimo(柔らかめ)」の5段階の硬さを選べる事が出来、フォーマルのタイドアップ用やカジュアルのノーネクタイ用など生地や気分に合わせて、お好みの硬さを見つけられます。

 

4.印象がガラッと変わるステッチ幅”

写真引用元

オーダーであれば、ステッチ幅の指定が出来ます。「際にステッチを入れる“RIVA”では、より一層上品に仕立て上げる事が出来、オールマイティにという事であれば“3mm幅”、リネンやフランネル素材であれば“5mm幅”で少し崩したカジュアルに仕立てるのもオススメです。

 

その他にもバスト、ウエスト、ネック、着丈などのサイズ調整は勿論の事、ダーツや前立て、胸ポケットの有無なども選ぶ事が出来ます。

 


FRAY(フライ)の取扱店舗


日本輸入代理店のリデアカンパニー(ストラスブルゴ)を始め、UNITED ARROWS(THE SOVEREIGN HOUSE)、伊勢丹メンズ、B.R SHOP、BARNEYSNEWYORKなどハイエンドなセレクトショップに取り扱いがあります。お店によって、仕入れる生地や襟型の形などが違う為、様々なバリエーションをご覧いただく事が出来ますが、ご購入の際サイズ感にはご注意下さい。

 

公式HPはこちらから⇒frayitaly.com

写真引用元

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. UPPER HIGHTS(アッパーハイツ)

  2. TONELLO(トネッロ)

  3. renata ダルクオーレ

    DALCUORE(ダルクオーレ)

  4. SARTORIO(サルトリオ)

  5. ANATOMICA(アナトミカ)

  6. G.T.A(ジーティーアー)

  7. SAINT JAMES(セントジェームス)

  8. STONEISLAND(ストーンアイランド)