ernesto parma

ernesto(エルネスト)

ernesto(エルネスト)の歴史


ernest(エルネスト)は、イタリア・パルマの老舗ファクトリーブランド「GIANFRANCO BOMMEZZADRI(ジャンフランコボンメツァードリ)」が手がける1ブランドの一つ。2012年にジャンフランコの娘婿である“Enrico Mezzadri(エンリコ・メッザドリ)”と、イタリアリミニの名店「LACERBA(ラチェルバ)」のオーナー、“Vincenzo Riggiani(ヴィンツェンツォ・レッジャーニ)”が「遊びの効いた面白いジャケットを作ろう」と始めたブランド。

 

「ernesto(エルネスト)」が掲げるの2つのテーマ

“誰も見た事がないチェック柄”

ernesto parma
 

“誰も着た事がないストライプ柄”

ernesto
コンセプトでもある「遊びの効いた面白いジャケットを作ろう」をまさに表現しているファブリック。主にレディースで用いられる生地を使用し、ありそうでなかった柄や色の配色、素材感を絶妙に混ぜ合わさって出来るernestoのジャケットは、無難じゃ物足りない、そんな服好きに刺さるものばかりだろう。
 

“Enrico Mezzadri(エンリコ・メッザドリ)”

ernesto parma
 

“Vincenzo Riggiani(ヴィンツェンツォ・レッジャーニ)”

ernesto parma
 
 

ernesto(エルネスト)の特徴


「素材への拘り」

ernesto parma

写真引用元

エルネストの特徴は、他のブランドが使わない、変わった素材を使う事にあります。“エレガント”さという拘りを持ちつつ、ブランドのイメージを損ねるような生地は一切使いません。例えば、ストライプ柄はイギリスのスクールストライプにユニークなものが多い。イギルスで生地を織ると固く目の詰まった生地になってしまう為、イタリアで生地を織り、柔らかくしなやかなものに仕上げます。チェック柄であれば、スコットランドのタータンチェックをベースにし、地色と格子のコンビネーションが面白いものを選びながら、アレンジを加える。その他にも、ネップ糸や毛足の長い起毛素材など、生地に関しては並々ならぬ拘りを持っています。

 

「カーディガンのように軽い芯なしジャケット」

ernesto

写真引用元

エルネストの最大の特徴は、その軽い着心地になります。裏地・芯地・肩パッドなどを省略し、ソフトでリラックスした仕立ては、着ている事を感じさせない、極上の着心地。それに加え、型崩れをしにくいよう計算されたパターンと構築さは長年OEMをしていたファクトリーの技術の賜物。休日にジャケットは着たくないという方でも、エルネストのジャケットであれば、肩肘はらずカーディガン感覚でリラックスして羽織る事ができるでしょう。

 

「袖口は一つボタン」

ernesto

写真引用元

エルネストの拘りは、各ディテールにも表れています。着丈は短めに設定しており、センターベントで袖ボタンは一つだけ。通常はサイドベンツの4釦仕様が多い、イタリアブランドではあまり見ない作りになっています。その中でも、袖口の片方はエルネストのマークである「e」を釦の代わりに付けるスタイルが定番。

 

ernesto(エルネスト)のオススメシリーズ


“春夏はネップ糸”

ernesto

写真引用元

デザイン性の高い、エルネストの生地は春夏はネップ糸を使ったファブリックが特に人気のシリーズ。単色のように見えて、実は様々な色が混ざり合って出来たメランジ調の中に程よいネップ感の生地は、まるで絵画を見ているかのような独特の雰囲気で、見る者を惹き付けます。

 

“秋冬はブークレ素材”

ernesto

写真引用元

春夏はネップ感のある生地が人気に対して、秋冬はブークレ調がエルネストらしく、人気の高いシリーズ。ジャケットの存在感を引き立たせるブークレ素材は立体感をプラスし、ツイードよりごわごわした硬さがなく、芯なしのエルネストのジャケットにマッチします。また、ブークレ調の起毛感を上手く利用した、柄や色のデザインはモダンな色気を醸し出します。

 

“バルカラーコート”

ernesto

写真引用元

タイト過ぎず、適度に出るAラインのシルエットはエルネストが最も得意とするバルカラーコート。肩先は丸くナチュラルなラインを引く、ラグランスリーブはジャケットの上から羽織っても、動きやすさを兼ね備えています。チェスターコートにはない、脱力感やリラックス感は病みつきになる着心地です。

 


ernesto(エルネスト)の取扱店舗


BEAMSを始め、UNITED ARROWS、ESTNATION、伊勢丹メンズ、B.R SHOP、ring、BARNEYSNEWYORK、STRASBURGOなどハイエンドなセレクトショップに取り扱いがあります。各お店ごとによって、仕入れる生地や形も変わり、BEAMSやESTNATION、伊勢丹メンズなどではパターンオーダー会も開催している為、お好みの一着をオーダーする事が可能です。

※シーズンによって買い付けが変わる場合もございます。

ernesto parma

写真引用元

 

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. JOHN SMEDREY(ジョンスメドレー)

  2. johnstons renata

    Johnstons(ジョンストンズ)

  3. キャプテンサンシャイン

    KAPTAIN SUNSHINE(キャプテンサンシャイン)

  4. mungai

    MUNGAI(ムンガイ)

  5. renata

    De Petrillo(デ・ペトリロ)

  6. renata Individualized shirts

    Individualized shirts(インディビジュアライズド …

  7. Borsalino(ボルサリーノ)

  8. LUIGIBORRELLI(ルイジボレッリ)