drumohr

DRUMOHR(ドルモア)


DRUMOHR(ドルモア)の歴史


『世界最古のニットブランド』

Drumohr(ドルモア)は1773年、ジェームス・パターソン氏によってスコットランド・ダムフリースの地にて創業したニットブランド。創業から200年以上に渡って、築き上げられた歴史は『世界最古のニットブランド』と呼ばれ、カシミアやウールなどの上質な素材を用いて出来上がる製品は、ヨーロッパのみならず、日本やアジアにも愛されているブランドです。また、王室献上ブランドとして有名なドルモアは、ジョージ5世やウインザー公、チャールズ皇太子が愛用していることでも有名。

 

『名前の由来』

ジェームス・パターソンのモノ作りへの拘りと、スコットランド式紡績への情熱は、創立者の孫であるジェームス・アレキサンダーロバートソンに伝統とともに継承されます。1800年代の初頭、ビジネスの拠点をダムフリースから約5マイルほど西に位置するロシュルットンの「ドルモア農場」に移し、この「ドルモア」という土地の名前から、ブランド名「Drumohr」が誕生致しました。

 

『イタリアのニット会社Cioccaグループの傘下に』

200年以上にわたる伝統は、最新コレクションにも受け継がれており、あくまでもクラシックなテイストを軸に、旬のトレンドを取り入れた、新鮮なスタイルを数多く生み出しています。2001年には、イタリアのニット会社“Cioccaグループ”にDrumohrは仲間入りしました。革新的で創造的なビジネスとスコットランドの職人の技術と伝統を融合することにより、ブランドイメージを再び活性化し、ブランドポジションが明確化となりました。商品クオリティの高さはそのままに、イタリアの血を取り入れ、ファッショナブルなニットブランドへと変貌も遂げました。

 

drumohr

写真引用元

 


DRUMOHR(ドルモア)の特徴


“世界で初となるシームレスニット”

drumorh

写真引用元

ドルモアは世界で初めてとなるシームレスニットを考案しました。機械化への効率化が多くなる一方、手作業に拘り続け、ひとつひとつ徹底的に拘った、そのディテール商品のカットや手触りによって、現代でも変わらない風合いと最高の着心地を約束してくれるのです。

※シームレスとは、「途切れのない、継ぎ目のない、縫い目のない」などの意味を持つ英単語。つまり、通常は前身頃と後ろ身頃、袖などパーツに分けられた物を縫い合わせるが、シームレスニットは、一着まるごとの状態で、編み機から直接縫うことで、縫い目がなく、ニット本来の軽さと柔らかさ、ドレープ感などが高いニットとなっている。

 

“クラシックとモダンの絶妙なバランス”

drumohr

写真引用元

あくまでもクラシックのディテールやサイズ感、上質な素材などを重視するドルモアですが、時代に合わせたトレンドやデザインを取り入れることが非常に上手なことでも知られています。“普通だけど普通じゃない”これこそがクラシックとモダンさを融合したドルモアの特徴かもしれません。

 

“見るものを魅了する綺麗な発色”

drumohr

写真引用元

「着ていてテンションが上がる色。見ていて惹きつけられる色。」そんな色を得意とするドルモアは、発色の良いカラフルな色を使うイメージが強くあります。これは、粗悪な素材では決して綺麗に染まらず、良質な素材を用いているからこそ、綺麗に染まる証であります。

 

“世界最高品質のスーパージーロンラムズウール”

drumohr

写真引用元

ドルモアの代名詞とも言われる“スーパージーロンラムズウール”。オーストラリアのジーロン地方のみで繁殖されている純血種の子羊の毛で、生後6ヶ月以内に刈り取られた羊毛で編まれたものを指し、繊維長がカシミヤに近く、肌触り、軽さ、着心地が抜群に良く、コストパフォーマンスが非常に優れています。

 


DRUMOHR(ドルモア)のオススメアイテム


“30ゲージ(ウール、コットン)シリーズ”

「春夏に欠かせないコットンポロ」

drumohr

写真引用元

「一枚でもサマになるウールクルーネック」

drumohr

写真引用元

「冬の必需品ウールタートルネック」

drumohr

写真引用元

言わずと知れたドルモアの定番商品である30ゲージシリーズ。ハイゲージで上質な素材は、一枚で着てもサマになり、ジャケットのインナー、シャツの上からと幅広く対応することが出来ます。また、本格的なニットでは暑すぎるという季節や、暖房が効いた室内など、そんな時に重宝する丁度いい薄さが使い勝手の良さを感じます。

 

“ケーブル編みニット”

drumohr

写真引用元

drumohrと言えば、このケーブルニットは欠かせません。柔らかなメリノウールを使用したミドルゲージのケーブルニットは着心地も良く、フィッティングもスッキリしている為、スマートに着ることが出来ます。鉄板なシャツとの組み合わせも良いですが、素肌に着て男らしく、モダンな雰囲気で着て頂きたい一着。やや袖は長く作られていますが、折り返してアクセントを付ける着こなしもオススメです。

 


DRUMOHR(ドルモア)の取扱店舗


阪急メンズ大阪

住所 : 〒530-0017

大阪府大阪市北区角田町7番10号 阪急メンズ大阪4F
サードスタイル ドルモア

電話番号 : 06-6361-1381

 

イセタンサローネメンズ

住所 : 〒100-0005

東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル1F
イセタンサローネメンズ ドルモア

電話番号 : 03-6206-3190

 

上記の百貨店のほか、銀座三越や新宿伊勢丹、西武百貨店、高島屋などの大手百貨店を始め、BEAMSやBARNEYS NEWYORK、UNITED ARROWS(THE SOVEREIGN HOUSE)、ESTNATION、STRASBURGO、BRSHOP、GLORYGUY、gujiなどあらゆるセレクトショップでも展開をしています。各お店によって仕入れる、形や色がありますので、お好みの一着を探して頂けるかと思います。

drumohr

写真引用元

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. イヴサロモン RENATA

    YVES SALOMON(イヴサロモン)

  2. renata ダルクオーレ

    DALCUORE(ダルクオーレ)

  3. boglioli

    BOGLIOLI(ボリオリ)

  4. JOHN SMEDREY(ジョンスメドレー)

  5. renata

    De Petrillo(デ・ペトリロ)

  6. CHURCH’S(チャーチ)

  7. CIRCORO1901(チルコロ)

  8. LAVENHAM(ラベンハム)